HIRAYUafureru_TP_V

俺が小学生の頃、近所に百年近く続く小さな銭湯があった。 

まあ老舗とはいえ時代の流れか、客入りはそれほど良くなかった。 

俺の爺さんはたいそうお気に入りで、その銭湯に通うのが楽しみの一つだった。 

何の前触れもなくポックリと死んだが、その前日も通っていたくらいだ。 

ある週末の夜、親父に銭湯に連れて行ってもらった。 
服を脱いで勢いよく浴室の扉を引くと、驚いた。 

いつもは閑古鳥が鳴いているこの銭湯が、どういうわけか満員だった。 

浴槽は芋洗いだし、洗い場も一つも席が空いていない。 

後からきた親父も驚いていた。 

「これじゃあ入れないなあ、ちょっと待つか」 

といい、親父は自分にはビール、俺にはアイスを買ってくれて、脱衣室で待つことにした。 

風呂前にアイスを買ってくれるなんて、いつもとは順番が逆で、俺はなんだかおもしろかった。 

しばらく待ったが、出てくる客は誰もいなかった。 

親父に様子を見てくるよう言われ、再度扉を開けると、また驚いた。 

さっきまであれだけ混雑していた風呂場だったのに、客は2~3人しかいなかった。 

さっきは確かにぎゅうぎゅうだった、それに出てきた客はいなかったぞ? 

親父も驚いていたが、あまり細かいことを気にしない人で、何事もなかったかのように、ひとしきり風呂を楽しんだ。 

銭湯から変えるとき、番台のそばの貼り紙に気がついた。 

なんと今月で店を閉めるという内容だった。 

しかも今月というとあと1週間しかないではないか。 

はたと気がついた。 

子供ながらにも、先ほどの不可解な混雑の理由がわかった気がした。 

閉店を惜しんだ遠い昔からの「常連」が、大挙して押し寄せてきたのではないか。 

親父も同じことを考えていたようで、
「爺さんもきっと来ていたんだろうなあ、○○(俺の名前)も一緒なんだし、挨拶くらいしてくれても良かったよな」 

とつぶやき、それ以後は黙ったままで俺と手をつないで帰路へついた。 

銭湯には閉店の日も親父と行ったが、その日も相変わらず空いていた。 

銭湯が混んでいるのを見たのはあれが最初で最後のことだった。