058horror0523_TP_V

そして五歳児、つまり年長組になったころから、
ようやく友だちの輪にも入れるようになり、毎日だんだんと笑顔が増えていった。 
そんなおり、ある週末にお祖母ちゃんにつれられて、
買い物に行こうとしていた時、歩道に乗り上げてきたダンプカーに二人とも跳ねられてしまった。 
居眠り運転だった。お祖母ちゃんの方は助かったが、
ちかちゃんは内臓を深く傷つけていて、治療の甲斐なく亡くなってしまった。 
当時担任だったという先輩の保育士からそのことを聞いて、とても胸が痛んだことを覚えている。 
由衣先生は緊張して、

『ちかちゃんのお父さんですか』

と言った。男性は静かに目礼して、懐からぬいぐるみを
取り出した。 
小さなクマのぬぐるみだった。

『ちかの好きだったぬいぐるみです』 

これを、園庭に埋めてもらえないだろうか。 
男性は深く頭を下げてそう頼むのだった。 

『私は明日この街を去ります。せめてちかが、この街で生きていた証に』 

由衣先生は最初断った。 
しかし、繰り返される男性の懇願についに折れてしまった。
 
『ありがとう。ありがとう。きっとちかもお友だちと遊べて幸せでしょう』 

涙を拭う男性の姿に、思わずもらい泣きをしてしまいそうになったが、男性が去ったあと、
託されたぬいぐるみを手にして由衣先生は少し薄気味が悪くなった。 
最後の言葉。まるであのお父さんは、
このぬいぐるみがちかちゃん自身であるかのように話していた気がする。 

どうしよう。 
捨ててしまおうか。 

そう思わないでもなかった。
しかし結局、由衣先生は、男性の想いのとおりそのクマのぬいぐるみを園庭に埋めてあげることにした。 
捨ててしまうことで、お父さんの、あるいはちかちゃんの恨みが
自分自身に降りかかって来るような気がしたのだ。 

花壇の方へ埋めようかとも思ったが、誰かに掘り返されるかも知れない。 
それにお父さんは『園庭に』と言いながら、園庭の真ん中を指差して頼んでいたのだ。 
フェンスの根元のあたりなどではなく、
園児たちが遊ぶその園庭の真っ只中に埋めて欲しい。そういう希望なのだった。 
由衣先生はその夜、苦労してスコップで穴を掘り、園庭の真ん中にぬいぐるみを埋めた。
そして上から土を被せ、何度も踏んでその土を固めた。 
最後に物置から出してきたトンボで地ならしをして、ようやくその作業が終わった。
どっと疲れが出て、残っていた書類も仕上げないまま、家路に
ついた。 
そんなことがあった数日後だ。

十一時ごろに雨が降り始め、わあわあ騒ぎながら子どもたちが園舎に駆け込んでいくのを二階の一歳児の窓から見ていた。 
雨脚は強くなり、やがて土砂降りになった。 
受け持ちの子どもたちに食事をさせ、そして寝かしつけている間も気はそぞろだった。 

『雨でぬいぐるみが土から出てきたらどうしよう』 

しっかり踏み固めたつもりでも、やっぱり周りの地面より柔らかくて土が流されてしまうのではないだろうか。 
そう思うといてもたってもいられなかった。 
もし園庭に埋めたぬいぐるみが園長先生にでも見つかったら、大目玉だ。 
ちかちゃんのお父さんにどうしてもと頼まれた、と言っても
そんな言い訳が通じないことはこれまでの付き合いでよく分かっている。 

子どもがみんな寝てしまった後もしばらく迷っていたが、とうとう由衣先生は決意して部屋を出る。
二階から階段で降りると、すぐに玄関の方へ向かうと事務室からは見つからない。 
傘立てから自分の青い傘を手に取り、それを広げながらサンダルをつっかけて外へ出る。 
外はまだ黒い雲に覆われて薄暗いが、雨脚は少し弱まって来ているようだ。 

ぬかるんだ土に足を取られながらもようやく園庭の中ほどまでやってくる。ぬいぐるみを埋めたあたりだ。 
しばらく傘をさしたまま、その場で無数の雨が叩く地面を見回していたが、
どうやらぬいぐるみは土から出てきてはいないようだと判断する。 

大丈夫かな。

少しホッとして玄関の方へ戻っていく。雨に多少濡れても
早足でだ。
もしこの大雨の中、外に出ていることを他の先生に見つかると、言い訳が面倒だ。 

もし見つかったら、鍵かなにかを落としてしまって探しにいったことにしよう。 
そう考えながら歩いていると、ふいに視界に白い光が走り、間髪いれずに雷が鳴った。 
それほど音は大きくなかったが、かなり近かった気がして思わず振り向いた。 

しかし特に異変はなかった。 

園舎に早く戻ろうと、玄関に足を向けかけたとき、
一瞬、視界の端にあった木の枝に緑色のタオルがかかっているのが見えた…… 

「私じゃないんです」 

もう一度そう言って由衣先生は啜り上げた。 
部屋に戻って、しばらく経ってから悦子先生の悲鳴に驚いて外を見てみると、雨が上がった園庭に魔方陣が描かれていたのだという。 

さっき外に見に行った時には、そんなもの影も形もなかったのに! 

そう思うと怖くなってしまった。 
自分が外へ出ていたことを話してしまうと、ぬいぐるみのことがバレてしまうかも知れない。
まして魔方陣を描いた犯人に疑われてしまうかも知れないのだ。 
由衣先生は、外へ出たことを黙っていようと心に決めた。 

悦子先生たちが怪奇現象専門の探偵にこの事件のことを依頼するといって盛り上がっていても、
そっとしておいて欲しい、という気持ちだったが仲間はずれにされることが怖くて、
流されるままにお金も出し、こうして休みの日に園へ出て来ているのだった。

「でも私じゃないんです」 

声を震わせる由衣先生を見下ろしながら、師匠は困ったような顔をした。 
あの顔は、謎が解けてないな。 
僕はそう推測する。 
そもそもこの事件には、魔方陣を描いた犯人が保育士の誰かであれ、園児であれ、
また門扉やフェンスをよじ登った侵入者であれ、大雨の後、魔方陣がくっきり残っているのに、
足跡が残っていないという重大な問題がある。 

結局そのことはたな晒しにしたままだが、師匠的には雨の中外へ出ていた人物が見つかれば、
そのあたりも勝手に告白してくれるだろうと踏んでいたに
違いない。 
しかし由衣先生は、自分ではないと言い張っている。

辻褄は一応は合っているし、ちかちゃんのお父さんのお願いから始まるあの話がとっさの作り話とも思えない。 
おおむね本当のことを言いながら、魔方陣を描いた部分だけを上手く端折って話したにしても、
その動機や、足跡を残さずに魔法陣だけ残してその場を去ったウルトラCに関するエピソードが
こっそり入り込む余地があるようにはとても思えなかった。 

「うーん」 

師匠は頭を掻いている。 
そう言えば、ここ数日風呂に入っていないと言っていたことを思い出した。 困った末なのか、単に頭が痒いのか分からないが、しかめ面をして唸っている。 
泣いている由衣先生の背中をさすっている他の先生たちも、困惑したような表情をしている。
麻美先生など、露骨に不審げな顔だ。 

「今の話が本当だとするとですよ」 

師匠はようやく口を開く。

「雷が鳴って、五歳児の部屋から悦子先生がカーテン越しに外を見た時、まだ由衣先生は外にいたことになる。 
どうして見つからなかったのかという問題が…… ああ、いや、そうか。
玄関の近くまで戻っていたら、角度的に五歳児室からは見えないか。 
ううん。まあとにかく、雨が弱まり始めたころ、まだ魔方陣は現れていなかったわけですよね。 
雷が鳴って、由衣先生が園舎に戻り、しばらくして雨が止む。その雨が止んだ二時ごろに悦子先生が外に出る。
あまり時間がありませんね。一体誰がどのタイミングで、どうやって?」 

後半はほとんど独り言のようになりながら、師匠がなにげなく窓の外を見た時、その動きがピタリと止まった。 

「なにっ」 

緊迫したその声に、思わず視線を追って窓の外を見下ろす。 
園庭の真ん中。 
さっきまでなんの異変もなかったその園庭の真ん中に、なにかが
あった。 
師匠が窓から飛び出しそうな勢いで身を乗り出す。

「うそだろ」 

そんな言葉が僕の口をついた。 
魔方陣だ。 
魔方陣が、園庭の真ん中に忽然と現れていた。 
馬鹿な。 
タオルはどこに見えます? 
師匠がそう言った時、みんな外を見ている。ついさっきのことだ。その時は間違いなくそんなものはなかった。 
だが今、眼下に間違いなく魔方陣は存在している。 
写真に写っているものにそっくりだ。 
場所も、この部屋からは左斜め。つまり、五歳児室の正面のあたりであり、九日前に現れたというその場所とまったく同じだ。 
背筋に怖気が走った。 
なんだこれは。 
保育士たちも言葉を失って悲鳴を飲み込んでいる。 
由衣先生など、ほとんど気絶しかかっている。

「下に行け。誰も見逃すな」 

師匠から短い指示が飛ぶ。 
あれを地面に描いたやつのことか。 
しかし今この園にはこの部屋にいる六人の他、誰もいないはずだ。誰かずっと隠れていたというのか。それとも侵入者? このタイミングで? 
おかしい。明らかにおかしい。 
僕たちの誰にも見られず、あの一瞬であんなものを園庭の真ん中に描くなんて、尋常じゃない。 
ゾクゾクと寒気が全身を駆け回る。 
しかしそんな僕を尻目に、身を乗り出していた師匠が窓枠に足を掛け、

「早く行け」

と叫んでそのまま窓の外へ消えた。 
落ちた? 
そう思って窓へ駆け寄ったが、その真下で砂埃の中、師匠が立ち上がるところが見えた。
受身を取ったのか。とんでもないことをする人だ。 
だがそれを見てまだぐずぐずしているわけにはいかなかった。すぐさま部屋から出て廊下を抜けて階段を駆け下りる。 
一階に降り立ったが、廊下側にも玄関側にも人の姿はなかった。
視界の隅、それぞれの部屋に誰が消えていく瞬間にも出会わなかった。 
すぐに下駄箱の前を走り抜け、スリッパのまま外に出る。 
左前方に師匠の姿が見える。 

そちらに駆け寄ろうとするが、とっさに右手側の門扉を確認する。閉まったままだ。誰かが逃げていった様子もない。 
あらためて師匠のいる方へ走り出すと、すぐさま怒鳴り声が飛んでくる。 

「待て、うかつに近寄るな」 

師匠が右手の手のひらだけをこちらに向けて、顔も見せずにそう言うのだ。 
僕は思わずダッシュをランニングぐらいに落とす。

「誰も外へ出すな」 

次の指示を聞いて、振り向くと玄関から保育士たちがおっかなびっくり顔を覗かせている。 

「出ないでください」 

僕がそう叫ぶと、びくりとしてみんな玄関に引っ込んだ。
そしてまた顔だけを伸ばしてこちらを見つめる。 
その様子を見てから、僕はゆっくりと師匠の方へ目を向ける。 
足跡が乱されるのを恐れているのか、と一瞬思った。が、雨の日とは違い、もとから薄っすらとした無数の足跡で園庭は埋め尽くされている。 
これでは足跡は追えないだろう。 
そう思ってまた師匠の方へ近づいていくと、その背中が異様な緊張を帯びていることに気づいた。

気配で分かる。 

あの緊張は、師匠が会いたくてたまらないものに出会えた時の、
そして畏れてやまないものに出会えた時の…… 

「静かに、こっちに来い」 

そろそろとした声でそう言う。
僕はそれに従う。 
師匠の足元に魔方陣がある。 
だんだんと近づいていく。 
大きな円の中に、三角形が二つ交互に重なって収まっている。ダビデの星だ。 
だんだんと近づいてくる。 
そしてその星と円周の間になにか奇妙な文字のようなものがあり、ぐるりと円を一周している。 
魔方陣。 
魔方陣だ。 
写真で見たものと同じ。 
だが、僕はその地面に描かれた姿に、一瞬、言葉に言い表せない奇怪なものを感じた。

それがなんなのか。 
何故なのか。 
知りたい。 
いや知りたくない。 
足は止まらない。 
師匠の背中が迫る。 
キリキリと空気の中に刃物が混ざっているような感じ。 

「見ろ」 

師匠がそう言う。 
僕はその横に並び、足元に描かれたその模様を見下ろす。 
心臓を、誰かに掴まれたような気がした。 
足跡が、残っていなかったわけがわかった。 
師匠が異様に緊張しているわけがわかった。 
あの一瞬で、誰にも見られずにこれが描かれたわけがわかった。
傘じゃない。 
傘の先なんかで描かれたんじゃなかった。 
写真で見ただけじゃわからなかったことが、ここまで近づくとよくわかった。 
その円は、重なった二つの三角形は、そして何処のものとも知れない文字は。 
地面を抉ってはいなかった。 
その逆。 
土が盛り上がって作られている。 
まるで誰かが、土の底、地面の内側から大きな指でなぞったかのように。 

「うっ」 

吐き気を、手で押さえる。 
ついさっきまで、なにも感じなかったはずの園庭に、今は異常な気配が満ちている。 
とても『残りカス』などと評されたものとは思えない。全く異なる、底知れない気配。 
地中から湧き上がって来る悪意のようなもの。

僕は地の底から巨大な誰かの顔が、こちらを見ているような錯覚に陥る。 
そしてその視線は、気配は、すべて、緊張し顔を強張らせる師匠に向かって流れている。 
その凍てついたような空気の中、師匠は滑るように動き出し、腰に巻いていたポシェットから小さなスコップを取り出した。
そして魔方陣の中に足を踏み入れ、その刃先を円の真ん中に突き立てた。
動けないでいる僕の目の前で、師匠は土を掘る。 
ガシガシ、という音だけが響く。 
やがてその手が止まり、左手が地面の奥へ差し入れられる。 
左手がゆっくりと何かを掴んで地表に出てくる。 

人の手。 
黒く、腐った人間の手。 
ゾクリとした。 
誰の手。 
誰の。

だが師匠がそれを胸の高さまで持ち上げた瞬間、それが人形の手であることに気づく。 
マネキンの手か。 
土で汚れた黒い肌に、かすかな光沢が見える。肘までしかない、マネキンの手。 
クマのぬいぐるみなどではなかった。どういうことなのか。 

「トンボ」 

師匠がボソリと言う。そして僕を促すように反対の手で招くような仕草をする。 
意図を知って僕は振り向き、園舎の方へ走り出す。その場を離れたかった、という気持ちがないと言えば嘘になる。 
地面の内側から描かれたような魔方陣。立ち込める異様な気配。

魔方陣の中に埋められたマネキンの手。 

ただごとではなかった。その場に立ち会うには、僕はまだ早すぎる。そんな直感に襲われたのだ。
走ってくる僕に、怯えたような表情をした保育士たちだったが、

「トンボを借ります」

と言うと、玄関から出てきて、裏手の物置へ案内してくれた。 
取っ手の錆びついたトンボを引きずりながら園庭に出てくると、煙が立っているのが見える。
師匠が魔方陣の上で、マネキンの手を燃やしているのだ。 
黒い煙がゆらゆらと立ち上っている。 
ポシェットに入っていたらしい小型のガスボンベにノズルを取り付けて、ライターで火をつけ、バーナーのように使っていた。 
煙を吸わないように服のそでを口元に当てながら、師匠はそうしてマネキンの手を燃やしていった。 
やがて燃えカスを蹴飛ばし、僕に向かって

「トンボ」

と言う。手渡すと師匠はためらいもなく魔方陣を消した。ワイパーで汚れを取るように。 
地面がすっかりならされ、魔方陣など跡形もなくなったころ、師匠は僕に顔を向けた。

「解決」 

そうして笑った。 
だがその顔はどこか強張り、額から落ちる汗で一面が濡れている。 
地中深くから湧き上ってくるようなプレッシャーもいつの間にか霧散していた。 
それからまた僕らは園舎に戻り、五歳児室で車座に座った。 
保育士たちは、忽然と現れた魔方陣とそこから出土したマネキンの手に、今でも信じられないという様子で生唾を呑んでいる。 

やがてクマのぬいぐるみを埋めた、と証言した由衣先生が、あんなものは知らないと喚いた。
だが、現実に出てきたのはマネキンの手だ。 
落ち着かせようと優しい言葉をかける悦子先生の横で、麻美先生が口を開く。 

「私も聞いた話で、自信がなかったんだけど。やっぱり間違いない。沼田ちかちゃんは、確か母子家庭だったはず」

父子家庭じゃなくて。
それも蒸発などではなく、死別だったはずだ、と言うのだ。 
ではあの夜、由衣先生の前に現れてぬいぐるみを託したの男は誰なのだ。
そもそもそれは本当にぬいぐるみだったのか。 
疑いの目が由衣先生に集まる。 

「知らない。私知らない」 

錯乱してそう繰り返すだけの由衣先生に、師匠は取り成すように告げる。 

「記憶の混乱ですね。この園に巣食っていた霊の仕業でしょう。
ですがそれももう終わったことです。元凶はさっき私が燃やしてしまいましたから。
もう何も霊的なものは感じられません。これでおかしなことは起こらないはずです」 

きっぱりとそう言った師匠に、先生たちはどこか安堵したような顔になった。 

「もしなにかあったら、アフターサービスで駆けつけますよ。いつでも呼んでください」 

その笑顔に、みんなころりと騙されたのだ。 
解決などしていなかった。
これまでにこの保育園で起こっていた怪奇現象の原因は恐らく、
師匠が感じていた『残りカス』の方だろう。 
だがそれはもう消え去っている。 

いつ? 

たぶん、魔方陣が最初に現れた日。
いや、ちかちゃんの父親を名乗る男が得体の知れないなにかを携えてやって来た日かも知れない。 
それは、そんなごく普通の悪霊など、近づいただけで吹き飛ばされて消えてしまうような、
底知れない力を持ったものだったのだろうか。 
だが師匠はなにも言わなかった。 
ただ僕たちはお礼を言われて、その保育園を出た。去り際、悦子先生がまだ泣いている由衣先生を叱咤して、

「ほら、しっかりして。もう大丈夫だから」

と肩を抱いてあげていた。 
まあ、これはこれで良かったのかな、と僕は思った。

その帰り道、事務所へ向かう途中で、師匠は文具屋に立ち寄り、市内の地図を買った。 
かなり詳細な地図だ。 
そしてその場でそれを広げ、さっきの保育園が載っている場所に、マーカーで印をつけた。
日付と、魔方陣の絵。そしてマネキンの手の図案を添えて。 

「それをどうするんですか」 

僕が訊くと、師匠ははぐらかすように言った。 

「どうもしないよ。けど、なんとなく、な」 

その時の師匠の目の奥の光を、僕は今も覚えている。なんだか暗く、深い光だ。 
それを見た時の僕は、なんとも言えない不安な気持ちになった。 

死の兆し。 

それをはっきり意識したのは、その時が最初だったのかも知れない。