PAK23_zaounoryuuhyou20140209_TP_V

昔親父が雪深い山の現場でバイトしてた時の事。 

妻子をおいて、季節労働に来てる男性がいて、皆から頼られる 
リーダーとして、現場を仕切っていました。 

ある日、現場に入ったばかりの若造二人が、猛吹雪の中調子コイて 
飲みに行ってしまいました。 

案の定、いつまで経っても帰ってこない。 

一件しかない麓の飲み屋に電話した所、とっくに店を出たと言う。
 
リーダーは収まらない吹雪の中、若造どもを探しに出掛けました。
 
作業開始時刻になるまでに戻らなければ、警察に連絡するよう 
残った人間に伝えて。 

視界0、息が出来ない程の吹雪の中、必死で運転し若造どもの姿を 
探すリーダー。 

しかし、深い雪に車が埋まり身動きが取れなくなってしまいました。 

外に出て必死で脱出を試みるものの、車は全く動かず。 

途方にくれていたリーダーの前に大型のトラックが。 

古い作業着にスキー帽子をかぶった体格のいい男性が出てくると 
一言も喋らずに、あっと言う間に車を引っ張り、轍から救出。 

トラックはそのまま、リーダー達の現場がある頂上へと走り去りました。

そこへ行方不明だった若造どもが現れました。 

やはり彼らも大型トラックの男性に、脱輪していた所を助けられたとか。 

これは、何としてもお礼を言わなくてはと、揃って男性が向かった筈の現場に戻りましたが、男性とトラックはどこにもいませんでした。 

一本道なのに何故? 

麓に戻ったのならすれ違う筈?と訝るリーダーの元に嫁から電話が。 

死んだお父さんが貴方の事を心配してる夢を見た。 

ニュースでそちらがひどい悪天候だと見て不安になったと。 
それを見て端と思い出すリーダー。 

義理の父は大型トラックのドライバーで、いつもクタクタの作業着に娘が高校の時に編んでプレゼントしたスキー帽、無口な人だったと。 

工期が終り、久々に家に帰ったリーダーは、義父が大好きだった 
煙草とワンカップを持って墓参りに行ったそうです。 

奥さんは、お礼にと、新しいスキー帽を編んでお墓に供えたんだとか。