PAK752_zawazawa15043345_TP_V

この間のことですが長崎から来た友達と熊本で遊んでいた時の事です。 

ここで彼の事を「K」と呼びましょう。 

Kは最近鹿児島の友達と遊んできたようでした。 

Kは長崎での彼女と結婚を控えており、私もそれを楽しみにしていました。 

「Kちゃん、そろそろ結婚やろ?いつごろすると?」 

K「その事なんですが、結婚の話無くなったんすよ」 

「え!?どうしたの!?なんで!」 

K「チャマさん、幽霊って信じますか?」 

チャマ=私です 

正直なんでいきなり幽霊の話に飛ぶとは思わなかったのですが、
この時私は心霊スポット巡りはしていたけれど見たことが無かったので信じていないと答えました。

K「普通そうですよね!?俺も見たことなかったんでそんなん信じてなかったっす。でもこの間体験した事がヤバくて・・・ 
あ、ちなみにその事が原因で娘が二人出来てしまったんですが俺は本気で育てるつもりなのに彼女が許してくれなかったんす、 
だから仕方無いですが結婚を諦めてもらいました」

「結婚を辞めるってどういうことだよ・・・、それに娘ってなんだよ、隠し子なんて作ってたのか?」 

K「これが鹿児島に行っていた理由なんですよね。」 

「娘に会いに行っていたのかい?」 

K「まぁそれもあります・・・、事後の事も大変だったんで。」 

「それと幽霊が何の関係があるのかさっぱり分からんぜ。」
 
K「この間ですね5人で山に行ったんです。」

この時Kは「おおくまってとこだったですかねー、地元じゃないから分からんです。」と言っていたが、あとで調べたら私はおおすみってところではないのかな?と思いました。 

山もありますし。 

K「まぁ5人でデートスポットの山に遊びに行こうぜって事になったんですよ。」 

ここからKの話した内容を私が出来る限り書き記します。 

A、B、C、D、Kの五人の男で行ったそうです。

A「おーおるおる!たくさんカップルおるみたいやねー」 

K「あんまひやかすなや~、タチ悪いことしたらいかんぞ」 

カップルが乗った車などがたくさんあったのでしょうか。 
そんなこんなで山を進んで行ったそうです。 

ちなみにAが運転手でベルファイアを大事にし、傷一つ付けないで乗っていたそうです。 

すると急に山道を左に急旋回にて入っていきました。

その事だけでもKはとてもビックリしたそうで、車を大事にするAが枝にぶつかりながらも進むのにもさらに驚いたそうです。 

すると今度は急ブレーキをAが踏みました。 

Kは(おいっって、なんしよっとや!)と思ったそうですが我慢したそうです。 

そしてさらにAは左に曲がりさらに先へと進んでいきます。

この時から車内は誰も喋らなかったそうです。 

Kはどうして喋らないのかそこまで気にしてなかったそうですが、あとあと思うと異常だったと思ったそうです。 

この時Kは助手席に乗っていたそうですが、車内から上を見ると神社にあるような細いしめ縄や鈴のようなもの、巫女さんが持っている棒の白い紙の部分だけのような物が見えたそうです。 

K「気味悪いな」 

A「もう少しや・・・」 

するとまたAが急ブレーキを踏みました。激しく揺れる車内。
 
K「さっきからお前なんや!?危ねーやろ!どうしたっや!」 

A「見えるか?」 

K「は?」 

A「何か見えるやろ?」 

前をみるとちょうど右手に山の斜面、左手に崖が見えたそうです。

正面はハイビームで照らされ開けた感じの風景だったそうです。

K「何も見えんわ」 

この時出かけた時間が1時くらいだったのでちょうど良い時間だったのを覚えているそうです。 

A「よく見てみろ黒いのが見える」 

よーく目を凝らすと右手の山の斜面に何か見える、時間が経つにつれて何か黒い塊と言うか、人影?のような物がユラユラしている。 

K「!?、何かいるな!?俺にも見えるぞ!」

A「やろ?」 

B「おるな」 

C「怖ぇww」 

D「ヤバいやろ、アレ!?」 

K「みんなも見えるんか・・・、あれが幽霊なんか?」

K「幽霊っておったんや・・・」 

よく周りを見渡していると左の崖側にももう一つ黒い影が見える。
 
K「もう一体おっやん!」 

この時正直帰った方が良いんじゃないかと思っていたそうです。 

C「そろそろやばいんじゃないか?」 

D「帰ろうぜ。」

その時急にAが車の扉を開けたそうです。 

K「おい!?何しとんお前!早く車に戻れ!」 

車内がパニックになりかけた瞬間後部座席の扉が開き、今度はBが出て行きます。 

C「なん考えとっとや!はよ戻れ!」 

他の二人も言うが、一向に聞かず、AとBは車の前に立ち前を見つめています。

ヤバいと思いKは車を飛び出しAを揺さぶるがビクともしなかったそうです。 

気がつくと黒い影は最初の2体がとても近くに感じました。 

前を見るとハイビームに照らされた正面の5M先くらいに新しい一体がいます。 

これはもうヤバいと思ったらしく、後ろに乗ったCとDを呼びトランクを開けさせ三人でAとBを担ぎトランクに投げ入れたそうです。

そして急いで乗り込み、Kが運転し車の傷も気にせずUターンして帰ったそうです。 

少し経つとAとBも気が付きその時の事を覚えていない、その日は疲れていたこともありそのままAの家で全員で寝ました。 

次の日も5人で遊んで寝たあとその朝に異変が始まりました。

AとBがいません。 

携帯も繋がらないし車もそのまま、よく行く場所もサッパリいません。 

次の日になりさすがに心配なので警察に捜索願いを出し、状況説明。 

それでも警察は「はいはい分かりました」という感じでまともに取り合ってくれなかったそうです。

まともに探してくれている雰囲気もしないし、警察もこんな若者達がからかっているくらいにしか思っていなかったのでしょう。 

さすがに時間が経っても帰って来ないのでその幽霊が出た山奥へパトカーに乗っていったそうです。 

ただ、どれだけ探してもAが入っていった山道が見つからない。 

そうこう探している内に向かい側へ山越えして下り道になったそうです。

K(あの時は暗かったからな・・・) 

警察「いい加減にしてくれないかな?どうせ寝ぼけてたんでしょ?」 

K「確かにここに山道があったんよ!」 

C、D「奥に崖があるところです!」 

どんなに往復しても見つからない。 

むしろ逆に警察には虚言の疑いがあるとのことで薬物検査をさせられる事になったそうです。 

反対しようとしたらしいのですがここは白黒つけないといけないと思い、検査を受けたそうです。 

もちろん三人とも反応なし。 

その時病院で三人過ごしたらしいのですが検査を受けた次の日に奇声が病棟から聞こえてきました。 

部屋にはKとC、隣にDがいたらしいのですが、何事かと思い廊下に出ると先生や看護婦が隣の病棟に走って行きます。

そこには奇声を発しながらすごい形相で暴れるDがいたそうです。
 
KとCはDに駆け寄るが支離滅裂状態で何を言っているか分からないし、こちらの話を聞きもしない、逆に近づけないほど暴れます。 

結局そのままDは精神病棟に移され、KとCは退院。 

訳が分からず焦燥しきった状態で二人でいたのですが、今度はCがあまり話をしなくなりました。

いろいろ話をするのですが反応は薄く、「うん・・・」とかしか言わないそうです。 

この時Kは「薬やった奴の頭ダメになった感じでしたわ」 

ボケたというか、心ここにあらずという感じです。 

ここで心霊体験が終わるのですが、Aには二人の妹がいるのですが親はいません。 

お金を送ってくれもしない老人の親戚がいるくらいでAが中卒で二人のために働いていました。

Kはその高校生と5才の妹達にどうやって伝えようか2ヶ月悩んだそうです。 

その間妹達は兄は出張と聞き、残りのお金で生活をしていました。
 
Kは姉の方へありのまま起こった事を話しました。 

姉は「そうですか・・・」と言って泣いていたそうです。 

5才の子へは兄の事は内緒にしようと話し合って決めたそうです。

Aはいい奴でした。友達も多く妹達をどうにか助けてやりたかったそうです。 

Aの友達とKは三人で妹達を成人まで育てようと決意しました。 

だがそこで親戚の方はお金も払わないのに親権を譲らないと言います。 

K達は弁護士を雇い、あちらさんと一日話し合い、成人まで5000万円用意出来ないと譲れないと言われました。

Kは見た目はその道の方みたいですが、曲がった事が嫌いで昼の仕事と夜の仕事でコツコツ貯めていた貯金を充てたそうです。 

三人で一つの通帳に3000万円入れて妹達に渡し、Kが代表で養子にする事になりました。 

この時の親戚とのバトルも長いのですが割愛します。 
この事で『娘が二人出来たんですよ』という話に繋がったのでした。

もちろんKは彼女に反対されたのですがこちらの事が大切なので結婚を破棄したそうです。 

彼女の気持ちは私も分からなくはないです。KにとってはAの妹が大切なのでしょう。 

K「あの通帳のお金を数字でしか見なかったから良かったですけど生で見たら心揺らいだでしょうねぇww」 

はにかむKと話しながら絶対に幸せになって欲しいなと思います。

私はKしか知らないのでKが生きててホントに良かったとは感じます。 

一緒に行った4人はどうか無事で生きていて欲しいと願います。
 
この事で私は心霊スポット巡りを辞めました。 

皆さんもどうか遊び半分で行くのは気をつけて下さい。 
鹿児島のこの場所が危ないという事を知っておいて下さい。