KAI427011_TP_V

八王子市裏高尾町には「真の道(まことのみち)」という道があり、水子供養のための無数の地蔵が立ち並ぶという。

国道20号線を高尾山口駅方面へ向い、同駅の1kmほど手前に『西浅川』という交差点がある。

その交差点を右折し都道516号線で山中に入る。

道なりに行くと行き止まりになり、左前に階段が見え、ここが入り口。

生まれずしてあの世へと行った子供のためであろうか、この場所ではたくさんの霊的な現象が起こるらしい。

「ここに女性が訪れると、頭痛や肩が重くなり、その後しばらく痛みが消えない。」

「帰りの山中を車で下りる途中、後ろから子供が走ってくる音が聞こえるが、振り向くと直ぐに消える。」

「車に子供の手形がつく」

「その昔、この地に防空壕があり、非難していた人々は餓死と伝染病で全滅してしまった。」

「真の道の階段から写真を撮ると、白い服を来た男女が写っている。」

などの現象が起こるらしい。