613 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2008/12/04(木) 01:06:03 ID:WZyZSzSx0 [1/1回(PC)]
ある夜、車で高速をぬえわkm/h以上で追い越し車線を走っていた時のこと。 
バックミラーに映るかなり後ろの後続車の中にぼわっと白い影がふたつ見えた。 
街灯がフロントガラスに反射しているのとも違う。 
うなじから背筋にゾクゾクと感じて「これはヤバイ!」と 
車線を走行車線に変えて減速した。 
もういちどバックミラーを見ると、 
かすかに赤い火の玉のようなものが見えた時には、 
「うわぁぁぁ、こんな日に走らなきゃよかった」と思っていると、 
追い越し車線にかなり飛ばしているBMWが自分を追い越して行く、 
すると赤い火の玉は一気に発光し、 
その白い影の見える車がすごい勢いで自分の車に迫ってくる。ウワーンコワイヨー 
そして、その車と並んだ時、白い影のひとつがこちらを向いて「ニヤり」と笑った。 
膝はカクカク笑ってましたよ、もうダメかと思ったから... 





火の玉はそのBMWの後ろに着き、路肩に誘導。 
おそらく免停&裁判+10万の上納金コースかと思われる。 
スピードの出し過ぎには気をつけましょうね。 
くわばらくわばら