910 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2008/09/30(火) 19:52:07 ID:UmVWziYd0 [1/1回(PC)]
学生時代の話。 

うちの大学は旧陸軍の師団があったところで、怪談には事欠かない。 
兵舎をそのまま使っている箇所もあるくらいだ。 
ある時、事務室に行く用事があり、一人で渡り廊下を歩いていた。 
そこも兵舎をぶち抜いて造った渡り廊下で、昼でも暗くてあまり 
通りたくない箇所だ。 
嫌だなぁと思いつつ歩いていたら、歩を進めているはずなのに、 
廊下の先がどんどん遠くなっていく。 
「え?」と思って一瞬目を疑った。 
更に歩を進めていくのに、出口がどんどん遠のいていき、そのうち 
ザッザッザッザ・・・と、まるで大勢で行進するかのような足音が 
後ろから聞こえてきた。 
「やばい!」と思って、振り向きもせずに走り出したのに、どんどん 
出口が遠ざかっていく。 
もう半分泣きながら必死で走った。 
すると、急に周囲が明るくなって、ようやく渡り廊下を抜けた事に 
気が付いた。 
同時に、あの大勢で歩く足音も聞こえなくなった。 
それ以来、あの付近を歩く時は、渡り廊下を通らないようにしていた。 
あの時、追いつかれていたらどうなっていたろうと今でも思う。 

校内では時々、昼間でも白い塊が移動している事があった。 
サークル棟でも、夜中に子供が階段の所で泣いているという事が 
あったり、昔大勢の遭難者を出したワンゲル部の前を通ると、 
冷たい澱んだ空気が滞留しているし、新歓の肝試しの時には 
足首だけ歩いているのを見たり、桜の木の陰からどす黒い顔だけが 
こちらを見ていたのを見つけたり。 
あの頃は本当にいろんなものを見たなと思う。 
ちなみに、今は親族の誰かに不幸が起きる時に夢を見るくらいで、 
そういった類のものは見なくなった。