827 : 1/2[sage] 投稿日:2009/03/05(木) 15:03:23 ID:XpRUKqYG0 [1/2回(PC)]
海外旅行中に霊を見た体験。オチはない。 

数年前のいまごろ、ヨーロッパで一人旅をしたときの出来事。 
ある町で中世そのままのカーニバルの行列があるというので、見に行くことにした。 
町では中世風の服を着た人たちが行列の準備で忙しそうにしていた。 
午後2時のカーニバル開始まで時間があったので、町の観光局でみどころ周遊コースが 
載った地図をもらい、徒歩で回ることにした。天気は良く、絶好の散歩日和。 

まず向かったのは町を見下ろす高台。頂上まで徒歩10分ほどのところ。 
中腹にある墓地の中にある石碑が有名だと言うので、墓地に立ち寄り、石碑を眺め、 
「仏教徒がお邪魔してしまい申し訳ありませんでした。安らかにお眠りください」と 
心の中で言ってから墓地を後にした。頂上に向かう途中、 
中世風の服を着た男が道端のベンチに腰を下ろしているのが眼にとまったが、 
(暇をつぶしに来てるんだな)と思って、前を通り過ぎた。 
10歩ほど行ったところで、あまりにもその男が静かなこと、気配がないことが気になって 
振り向いてみると、男は消えていた。道はまっすぐな一本道、道の両端は崖で、 
隠れる場所はない。驚いたが、何故か怖くはなかった。

 
828 : 2/2[sage] 投稿日:2009/03/05(木) 15:04:59 ID:XpRUKqYG0 [2/2回(PC)]
頂上で景色を堪能してから、地図の通り別ルートで町に降りた。階段を下りてゆくと、 
手すりに体長15センチほどの緑色をした鳥が止まっているのが目に入った。 
今度は、この鳥がこの世のものではないことが一目でわかった。というのは、 
半分透けていて、その鳥の周りに同じ緑色の光がきらきらと輝いていたんだ。 
その鳥は、自分が近づくと翼をひろげ、光の軌跡を描きながらそのまま垂直に上昇し、 
フェードアウトして消えてしまった。今回も恐怖は感じず、思ったのは 
(映画の特殊効果みたいだな)、という間抜けな感想だけだった。 
その後は何も起こらず、予定通り旅程を終え、日本に帰った。 

初めての霊体験だったので、帰国してから霊感のある知人に話してみると、 
「男性の方は、見てもらいたかったから出てきただけだと思う。墓地に眠っている人が、 
異国の人が自分の国の言葉で親切なことを言ってくれたのが嬉しかったのだろう。 
鳥についてはわからないが、怖くなかったということは質が悪いものではなさそうだ」だそうだ。 
男性の方は納得できたんだけど、鳥の方は未だに謎。