12 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ sage 2009/03/16(月) 21:14:08 ID:8SM5XBnN0 
友人の話。 

彼女ら姉妹の部屋であれだけ頻繁に起こっていた怪事が、サッと鳴りを潜めた。 
丁度夏に入る頃だったという。 
世間話がてらご近所に聞いたところ、彼らの家でも静まったらしい。 
「誰かお払いでもしたのかな?」 
何にせよ、騒ぎが起こらないに越したことはない。 
それから少しの間は、ごく平穏な日常を過ごせたのだそうだ。 

暑さが日に日に辛くなってきた頃。 
夜中にふと目が覚めた。何か物音が聞こえたような・・・。 
手元灯を点けてみたが、部屋にいるのは自分と姉だけだ。 
ぐっすり眠っている姉を確認し、明かりを消そうとした時。 

部屋の隅から何か出てきて、目の前を横切った。 
白い足型の物体。草履の底みたいに見えるもの。 
それがトストスと軽い音を立てて、壁の中へ消えていった。 

見なかったことにして明かりを消し、眠りについたのだという。

 
13 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ sage 2009/03/16(月) 21:15:00 ID:8SM5XBnN0 
その夜から、毎日のようにそれが枕元を通り抜けるようになった。 
決まっているかのように、現れるのはいつも深夜一時過ぎ。 
日に一度だけ枕元を通り過ぎる。 

それが出るようになって五日目、渋る姉を何とか説得して、一緒に目撃してもらう 
ことにした。息を殺して時間を待つ。 

時間通り、その日もそれは現れた。 
壁に溶けて消えた時点で、姉に「見たでしょ!アレ一体何だろ?」と話を向ける。 
しかし姉は奇妙な顔をしてこう答えた。 
「音は確かに聞こえたけど、私には何も見えなかったよー?」 

「どういうことなんだろねー?」 
これまでは同じモノが見えていた筈なのに。 
二人で首を傾げたそうだ。 

この話を聞かされて、私は嫌な感じを覚えた。 
マンションに出る何かが、ターゲットを友人一人に絞ったかのような、そんな気が 
して仕方なかった。口に出しては言わなかったが。 



14 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ sage 2009/03/16(月) 21:15:41 ID:8SM5XBnN0 
それから少し後、友人から連絡があった。 
「一時十分のアレね、だんだんはっきりと見えてきたよー。 
 少しずつ厚さが増してきてね、今では白い足袋になったん。 
 そう、着物の時に足に履くやつ。 
 足首から下だけが相変わらずトストスと歩いてる」 

前から散々言ってるけどさ、直ぐにでも引っ越してそこ出ろよ。 
手伝うからさ。よく知らないけど取り憑かれてからじゃ遅いぞ。 

そう進言したところ、彼女の目が急に泳いで、遠くを見るような表情になる。 
「んー、考えとく」とそれだけ口にして、別の話題を始めた。 

別の場所で、姉にも引越しを進めてみたが、妹と似たような表情でかわされた。 
・・・あー、これはもう憑かれてるんかな・・・。 
ふとそう思ったが、所詮は他人だ。どうすることも出来ない。 
オカルトっていうのは、実際どこにも相談する機関が無いのが厄介だと実感した。 

何かあったら連絡くれ。それだけを念押ししておくのが関の山だった。 



22 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ sage 2009/03/18(水) 20:26:36 ID:bm7imf4m0 
それからもちょくちょく、友人から報告があった。 

「今ね、膝まで見えてるん」 
「昨晩は背中まで現れてた。帯止め可愛かったよー」 
「肩まで出てきた。もう少しで全部見えるかも・・・」 

総じて考えると、白い着物姿の少女の姿が、足元から徐々に積み上がって 
いっているようだ。 
小学校の低学年くらいの背丈らしい。髪は腰の少し上まである。 

お前怖くないのか? 聞いてるこちらは気持ち悪くてどうしようもないんだが。 

「んー、あまり。そう言えば何でだろうね、以前はすごく怖かったのに」 

嫌な感じだけが、夜毎夜毎に増えていった。



23 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ sage 2009/03/18(水) 20:27:58 ID:bm7imf4m0 
そんなある晩、寝ていたところを携帯の着信音で起こされた。 
見れば友人からの電話だ。 
寝惚け眼で、どうした?と聞いてみた。 

「今ね、さっきね、ついに全身が現れたん!」 

興奮した声が耳元で響く。 
何故だろう、急に目が冴え、嫌な汗が噴出した。 

「それでね、いつものようにトストス歩いて過ぎたんだけど。 
 今日は何故か、少し進んだ所でピタッと立ち止まって。 
 これまでなかった行動だから、ビックリして動けないでいると、 
 いきなりその子が振り向いたんよ!」 

「そしたらね、顔がね、顔だけが、皺くちゃのお婆ちゃんだったの! 
 背格好は子供なのに。 
 ニヤァって気持ち悪い笑み浮かべて、そこでパッと消えちゃった。 
 うー、気持ち悪いよー!」 

その後も彼女は何か大声で訴えていたが、詳しくは覚えていない。 
ただただ、嫌な感じだけが私の背中を這い登ってきた。 
とにかく早く会話を終わらせて、その電話を切りたかった。 



24 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ sage 2009/03/18(水) 20:29:58 ID:bm7imf4m0 
それからも定時になると、着物姿は枕元を通り過ぎていたという。 
全身が見えるようになってはいたが、それ以外は何も変化がなかったらしい。 
直に彼女も無視して構わなくなっていた。 

一週間ほど経って、再び奇妙な夜の電話があった。 

「あのね、あの顔だけがお婆ちゃんの幽霊がね、変なの。 
 上から下まで髪以外は真っ白だったんだけど、それが足の先から、 
 段々と色が着いてきてるみたいなの。 
 今はほぼ足首から下が真っ赤な状態だよ。 
 これって何かの前触れなのかな?」 

こちらに相談されてもわかる訳がない。 
しかし赤色というのが気になった。 
聞けばその赤は血の色にそっくりで、何となく嫌な雰囲気なのだそうだ。 

老女が腰まで朱に染まったという電話を最後に、友人からの夜の電話は途絶える。 
何となく、こちらから連絡するのは躊躇われた。 

姉から緊急の連絡があったのは、それから四日後だった。 



42 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ sage 2009/03/21(土) 15:47:35 ID:OlDPaXD80 
妹が緊急入院したのだという。 

職場で貧血を起こし、そのまま意識を失って倒れたのだと。 
慌てて病院に駆け付けると、憔悴した様子の姉が迎えてくれた。 
妹の方はベットで点滴を受けていた。 
つい先程意識を取り戻し、今はまた眠っているのだそうだ。 

「命に別状はないみたいなんだけど・・・」 

そう言った姉は不安そうに言葉を続けた。 

「お医者さんに調べてもらっても、理由がわからないっていうの。 
 鉄分の欠乏による貧血じゃないかって言われた。 
 血液中のヘモグロビンとかが異常に減少しているみたいで・・・。 
 でも、いきなりなのよ。 
 健康診断の結果でもいつも健康体だって、あの子太鼓判押されていたのに。 
 取り敢えず増血剤の投与で小康状態になったから、しばらく様子を見ましょう、 
 そう言われて・・・」 

姉は途方にくれたような顔でそう告げた。 
話を聞いて、嫌なイメージが頭に浮かぶ。 

顔だけ老婆の着物姿が、彼女の上にのし掛かって、血を啜るイメージ。
 


43 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ sage 2009/03/21(土) 15:51:19 ID:OlDPaXD80 
(続き) 
何とかその想像を追い払い、元気づけようと口を出した。 

 いや、単なる貧血だろ。 
 女性には実際、多いっていうじゃないか。 
 最近オカルト事に振り回されてて、食生活でも乱れてたんじゃないのか。 

姉はじっと私を見つめてきた。 

「…本当にそう思う?」 

思わなかった。 
姉妹二人とも料理が達者で、味だけでなく栄養計算までしっかりとこなしている。 
特に妹はそちら関係の資格まで持っていた筈だ。 
またどちらも健康オタクの気があり、部屋にはサプリメントの類が山とある。 
貧血の知識にしても、私などより余程詳しいだろう。 

溜息を深く吐くと、一つ姉に確認することにした。 

 知ってるか、夜中に変な老婆が出てたって。 

「いや、聞いてるけど、私には全然見えないし。 
 あの子もここ数日は口にも出していないよ」 

 あの老婆な、色が変わってたんだって。 
 真っ白だったのが、日を追う毎に、真っ赤に染まっていってたんだと。 
 血でも吸われてるんじゃないか、妹のやつ。 
 


44 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ sage 2009/03/21(土) 15:54:29 ID:OlDPaXD80 
(続き) 
姉は色のことは知らなかったらしい。 
私から事の顛末を聞いて、顔が蒼白になる。 

 まぁ、流石に吸血鬼みたいなモノが存在してるとは信じてないけど…。 
 でも何か関係あると思うぞ、絶対。 
 今直ぐにあの部屋を出ろって。 
 幸い今、妹の症状は落ち着いているんだろ。 
 今から部屋に戻って必要なものだけ取って、今夜からあそこで過ごすなって。 

これまでになく強い調子で忠告した。 
例の遠くを見るような表情はもう見られず、以外に素直に姉は同意してくれた。 
どうやら妹が危機に陥ったことで、姉の憑き物は落ちたようだ。 

「わかったそうする。でも怖いから着いてきて」 

 ・・・あ。俺、失敗したかも。俺も行かなきゃダメ? 

しかしここは自分の忠告である。 
仕方なく姉を連れて、あのマンションへと車を走らせた。 

言い出しっぺは自分だが、堪らなく嫌だった。 



74 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ sage 2009/03/23(月) 18:36:11 ID:IrGv8t+x0 
マンションに着いたが、いざ車を降りて部屋に向かうのはかなりの勇気がいった。 
いろんな噂を聞いているだけに、これは致し方がない。 
時間は夜の九時を過ぎた辺り。当たり前だが、誰の姿も周囲には見えない。 

心を落ち着かせ、仕事で使っている工具箱と道具を手に、ようやっと車外へ出た。 
姉は怪訝そうに私の装備を見ていたが、特に質問はしてこなかった。 
ホールに入りエレベーターを呼ぶと、姉はジト目で私を睨んだ。 

「あのさー。誰かが・・・いや何かが乗ってたらどうするの?」 

 大丈夫だろ、多分な。 

何となく、そんな予感がした。 
マンションの他の部屋でも、怪しい出来事は治まっていたと聞いている。 
・・・怪異を起こしていたモノは、ほとんどが姉妹の部屋に集っているのだろうから。 

そのまま何事もなく七階に着く。 
部屋の前に立ち鍵を取り出していると、聞き慣れた音がした。 

 カチンッ 

中には誰もいない筈なのに、鍵が独りでに開いた。 
姉が「どうしよう?」という顔でこちらを見る。 
私と言えば、全身に鳥肌が立っていた。 
話に聞くだけというのと、いざ実際に目の当たりにするというのでは、怖さの 
レベルが全然違うのだと実感してしまう。 



75 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ sage 2009/03/23(月) 18:37:45 ID:IrGv8t+x0 
(続き) 
しかし、いつまでもそこで立ち往生している訳にもいかない。 
ゆっくりとドアを開けて、電気を点けた。 
やはり中には誰の姿も見えない。 
ヒンヤリとした空気が流れ出してくる。 

部屋に入る前に、ドアに挟まるような位置で工具箱を床に置く。 
これでドアがカッチリと閉まることはない。 

「何してるの?」 
姉が不思議そうに聞いてくる。 

 中に何がいるのか知らないが、ドアの鍵が開けられるということは、 
 逆に鍵を閉めることも可能なんじゃないか、って思って。 
 俺、こんな時間にこんな所に閉じ込められたくないし。 
 ・・・まぁ、まず、そんなことは起こらないと思うけど。 

今考えると、最後の台詞は、多分に願望が入っていたと思う。 

「・・・聞くんじゃなかった。 
 今の今まで思い付きもしなかったよー」 

姉は心底ゾッとした表情で嘆いた。 
とにかく覚悟を決め、二人で恐る恐る中に入ることにした。 

拍子抜けするほど、別に何も怪事は起こらなかった。 
ただ、なぜか部屋内の気温がひどく低い。 
まだ夏だというのに、足の先から震えが上ってくる。 



76 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ sage 2009/03/23(月) 18:39:33 ID:IrGv8t+x0 
(続き) 
何にせよ、長居したくない雰囲気であるのは間違いない。 
姉は初めこそオドオドとしていたが、やがて落ち着いたのか、事務的にテキパキと 
荷物をまとめてだしている。 
私は部屋についているドアというドアをすべて開け、固定していた。 
何かあった場合、直ぐに飛び出せるように。 

しばらくしてから、姉が何か言いたそうにこちらを見た。 
終わったの?と聞くと 

「後一つだけ。持っていきたい写真があるん」 

 持っていけばいいじゃない。 
 待っているから早くしなよ。 

「それがね、トイレの中にあるんよ。タンクの上」 

言いにくそうに口にした。 

 ・・・何で大事な写真をトイレに置くんだよ。 

愚痴りたくなったが、あまり男らしくない行動に思えたので、黙ってトイレに 
向かった。あ、嫌な予感がする。 

トイレに着き、入ろうとドアに手を伸ばすと、またもや音がした。 

 ガチャリ 

やっぱりだ。鍵を掛けられた。



77 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ sage 2009/03/23(月) 18:41:36 ID:IrGv8t+x0 
(続き) 
深呼吸をして気持ちを落ち着かせ、ドライバーとピンを取り出す。 

幸い、このタイプのトイレドアは仕組みも構造も知っている。 
間もなく、ハンドルを内部の鍵ごと取り外すことに成功した。 
タンクの上に置かれた姉妹の写真を手にトイレから出てみると、姉は呆れた顔を 
していた。 

「あんた、泥棒になれるんじゃない?」 

 俺がバラせるのは、あくまでも室内の簡単な錠だけだから。 
 ちょっとした裏技みたいなもんだから。 
 荷物はそれで全部かい? 
 じゃあもう出るぞ。 

・・・本当のことなのだが、どうしてか自分でも言い訳めいて聞こえてしまう。 

ドアノブを元に戻し、入り口の工具箱を回収し、エレベーターで一階まで下りた。 
来た時と同様、特に何も起こらなかった。 

有り難いといえば有り難いが、不安といえば不安である。 
何となく、後ろを誰かが着いてきているような気がして仕方がなかった。 

その感覚は車を出して、走らせている最中もずっと続いていた。