870 : 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ [sage] 投稿日:2009/06/06(土) 17:57:22 ID:MaQ2T8Pi0 [2/5回(PC)]

友人たちの話。 

バイク乗りの間で、恐れられている峠があるのだという。 


「夜にそこの峠を攻めていると、後ろに飛び乗ってくる者がある。 
 当のライダーにはわからないんだけど、後ろを走ってる奴らには丸見えなんだ。 
 ライトの中に浮かぶ、女の子の真っ赤な背中が」 


「本当は白い服を着ているみたいだが、これが血塗れで真っ赤に見えてるってよ」 


「これに憑かれると何故かブレーキが効かなくなって、猛スピードのままカーブに 
 突っ込んじまう。何とかやり過ごしても、下に着くまでにまず事故ンのよ」 


「だから俺たちそこを“シャア専用”と呼んで、夜は避けるようにしてるんだ」 


真面目な顔でそう聞かされた私は、言葉に詰まった。