298 : ちょびエコ[] 投稿日:2009/07/17(金) 22:17:47 ID:D4UBLCP10 [4/8回(PC)]

車はトンネルに入る、普通に行ったら30秒程で終わるトンネルだ、
俺は目を閉じながらもトンネルの中を走る音を聞いていた 
すぐ終わるはずのその音は終わらない、
あれ?おかしいな・・もう大分走ってる気がするけどまだか・・長いぞ・・・ 


「成さん、トンネル長くない?」 


目を開けたくなくて成さんに聞いてみる 


「長いね・・ずーっと向こうまで続いてる後ろはもう出口が真っ暗で見えないかな」 


「・・・・え?」 


そういった時車が止まった。
え?え?成さぁぁぁあんんなんで止まる、なんで止まるんだ・・頭の中はパニック状態 
成さんが言う 


「あ~なんか人みたいなのいる、ゆらゆらしてる・・
どうしよ後ろ出口見えないし・・バックして戻れるかな・・・どう思う?」 



どう思う?って言われても、人みたいなの?人じゃないの?
誰か散歩してるとかじゃないの?そう聞いてみたいけどありえないか・・ 
こんな時間にありえないか・・でも、もしかしたら・・ 


「え?人みたいなのって人じゃないの?
この辺りの人とか?雪でゆらゆらしてるように見えてるだけじゃ?」 


「ん~人みたいだけど絶対違うかな・・ぼや~ってして薄い感じうわ~鳥肌やばい」 


そう言われると俺の鳥肌もかなりやばい、もうかなりパニクってる俺は思わず言ってみた 


「後ろ何も見えないなら前の出口行くとか?いっそ突っ込んでみるとか・・・」 


以外な答えに成さんも驚くかと思ったら 


「んーそれしかなさそうかなぁ・・・確かここってトンネル出てすぐにカーブだったよね?」 


「は?え?まじで突っ込むの?バックは?確かにでてすぐはカーブだったけどまじで?」 


「んーだって、前もやな感じするけど俺後ろの方がかなりやな感じするから、
ごめん出てすぐハンドル切ってブレーキ踏むから滑るかもしれないからちょっと掴ってて」
 
299 : ちょびエコ[] 投稿日:2009/07/17(金) 22:19:22 ID:D4UBLCP10 [5/8回(PC)]

そう言うと、成さんはギアを入れ一気に加速する一瞬ゾクリとする,そう思った瞬間車が回る 
もう何がなんだか分からない、俺はもう目を閉じて座席に掴ってる二回ほど回って車は止まった。 


「ふう・・助かったかな?もう目を開けて大丈夫だと思うよ」 


成さんにそう言われて恐る恐る目を開けてみる・・フロントガラスに雪が降ってるのが見える 


「トンネルでた?」 


「うん。ふぅ~ゾクゾクも直った?」 


そう言われるとさっきのような感じはない、
そのかわりすごい汗をかいてることに気づいたこれが冷や汗っていうのかな・・ 


「直ったかな、いや~まじびびったねぇ・・とりあえず帰ろうか」 


「いや~ごめん、まさかこんなことになるとは思わなかった。俺もびびったよ」 


「え?成さん全然びびってなかったような・・」


「いや~びびってたよ。ほら」 


そう言って手のひらを見せてくれる。手のひらはすごい汗をかいてるのが見てすぐ分かる。 


「おお・・すごい汗だ・・・」 


成さんは、ねっと言って車を走らせた。
帰りは二人であれはなんだったのかをずっと喋りながら帰った。 
しばらくして成さんが遊びに来た、
成さんはあの道の事を少し調べて来てくれたようで話してくれた、 


「あそこは、トンネルを掘るときに何人か死んだみたい
今でもトンネルの入り口と出口にお地蔵さんが置いてあるって書いてあったよ。 
で、死んだのが俺たちが入った方の出口みたい」 


それを聞いて思い出した成さんが言ってたことを、 


「後ろの方がやばい気がするんだよね」 


そして思った・・・成さんを信じてよかった。 
そんなことを思って心の中で成さんに感謝していると成さんがこう言ってきた 


「よかったらまた今度どっか行ってみよう」 


「え?それってパチンコとかじゃなくて?前みたいな?」 


「もちろん!」 


「ははは・・・行かないよ・・」 



301 : ちょびエコ[] 投稿日:2009/07/17(金) 22:20:51 ID:D4UBLCP10 [6/8回(PC)]

以上です。2ch初心者なのでなにかやってしまってたらごめんなさい。