PAK118080254_TP_V

この話は去年の3月、高校を卒業して進学で一人暮らしを始める少し前に起きた出来事。 

もうぽつぽつと友人たちも地元から出て行き始め一人暮らしをはじめているやつもいたのだが、ある日俺はなんとなくそのうちの1人のアパートへ遊びに行く事にして高速バスで向かう事にした。 

確か幹線道路沿いにある高速バス乗り場についたのは午後6時頃、既に辺りは真っ暗で人気もなく閑散としていたのを覚えている。 

平日の夜という事もありバス乗り場にはバスを待つひとは誰もいない。 

扉を開けて中に入ると3~4人が座れるベンチがあるだけなのだが、そのベンチの上に少し大きめの段ボール箱が置いてあるのが目に付いた。 

大きさはフルフェイスのヘルメットが1つギリギリ入るくらいの大きさ、角が擦れ結構小汚い。 

俺はそれをとくに気にする事もなく一瞥すると、足元に荷物を置いて箱とは少し距離をはなしてベンチに座り、なんとなくチケットに書かれているバスの出発時刻と携帯の時計を見比べ「バスがくるまであと15分くらいかな?」などと考えていた。 

するとそのダンボール箱の中からガサッと何かが動くような音がした。 

「ん?」と思いながら箱のほうを見たのだが、特に変化はない。 

「気のせいかな?」などと考えながら目をそらすと、今度は箱からはっきりと女の人の声で「ねえ」と聞こえてきた。 

当然の事だがこのサイズの箱に人が入れるわけが無い。 

ぎょっとして逃げ腰になりながら箱を凝視していると、
今度は「こんばんは、どちらまで行かれるんですか?」と話しかけられた。

流石に一瞬動揺したがすぐに俺は思った。 

「あーこれ箱の中にスピーカーか何か入っていて、誰かがイタズラしているんだな」と。 

そこで、暇だし釣られてやるかと

「こんばんは、一応終点の○○まで行く予定です」と答えた。 

すると箱がまたガサッと小さく鳴り

「そうなんですか、偶然ですね、私も同じなんです」 

「実は悪い人に捕まってこの箱に入れられて困っていたんですよ、ははは」と返してきた。 

俺は「なるほど、殺されて首だけ中に入れられたとかそういう設定かw」と内心ほくそえみながら、じゃあ話に乗ってやるかと

「そうなんですか、大変ですね、じゃあバスが来たら中に運んであげますよ」

と答えると、箱のほうも「助かります、お願いしますね、ふふ」と 
にこやかに返してきた。 

そんな感じで暫らくにこやかに箱と会話をしていると、急に箱がゴホゴホと咳き込み始めた。 

そしてバス乗り場の小屋中に何かの腐ったようなそんな異臭が漂い出し、更に箱の底の方から何か黒っぽい液体が染み出してきてベンチと床にぽたぽたと垂れ出してきた。 

咳きはどんどん激しくなっていき、液体もそれにつれてどんどん流れ出てくる。 

ドン引きして「イタズラとはいえ流石にこれがやりすぎだろ、気色悪い」と感じた俺は、ここまで来ると悪趣味すぎて付き合いきれんと、箱に向かって

「悪ふざけ過ぎだ、キメーよ!」

と一瞥しながら言い、臭いに耐え切れなくなって荷物を持ち外に出ようと立ち上がった。

すると、箱が急に怒りだし「ふざけてねーよ!逃げんな!もって行くって約束しただろ!」と怒鳴り出した。 

それを無視してドアに手をかけたとき、後ろから俺の服を誰かが掴んだ。 

バスを待っていたのは俺だけ、後ろには悪趣味なやつが仕掛けたいたずらの箱しかないはず、いや、まさか…と思いながら俺が振り向くとそこには信じられない光景があった。 

どう見ても人が入れるサイズではない段ボール箱から、人の手が伸び俺の服を掴んでいる。 

そして一瞬箱の「中身」と目があった。 

理由は解らないが、実はそこから暫らくの記憶がない。 

気が付くと俺はバスに乗っていた。 

例の段ボール箱を両手で抱えて。 

不思議な事にあれだけぼたぼたと流れていた腐臭のする液体は何事もなかったかのようになくなり、臭いどころか液体の流れ出た後すらなかった。 

実は、期待していた人には申し訳ないけれど、これ以上おかしな事は起きていない。 

強いて言えば携帯で友人のところに連絡して今回行けなくなった事を伝えたのと、一泊したネカフェで楽しいひと時を過ごした事くらいだろうか。