NOU92_kyounomachiwonagameru_TP_V

生まれてからずっと北海道民。 

大学だけ、親元離れて憧れの京都へ。 
昔なので(父は60代)下宿住まい。 

そこの下宿先のオヤジさんのことが、父は大好きだったんだと。 
知らない土地でひとりの生活、親以外で初めて身近に接する大人。 
オヤジさんはお酒と話好きの、くだけた感じの人で、北の田舎から出てきた父にいろんな事を教えてくれたんだと。いい事も、悪い事もいっぱい。 

そのお陰もあって楽しい大学生活で、京都時代は大切な思い出になった。恩人だね。 

で、無事に卒業して北海道で就職したんだが、だらしない所のあった父、手紙のひとつも書こう書こうと思いながら、日々の忙しさにかまけて何もせず放置してしまった。 

何年も経つとさすがに気まずくなり、悪いと思いながらそのまま音信不通に。 

この話を聞いた時、父は50代半ば。つまり後悔しながら30年以上経ったんだって。 

当時、会社を経営しててけっこう苦しかった筈。 

京都には出張で何回か行ってた。 
その度に思い出すけど、今更どうしていいかもわからなかったと。 
 
そんな一泊の京都出張のある日、取引先の都合で、午後の予定がぽっかり空いたんだって。 

初めて、行ってみようか、と思えた。 

しかし30年以上前のこと、電話番号どころか正確な住所もわからず。けど、とにかく行って、町の空気だけでも吸ってこようと。 

着いてみればさすがは古都で、町は思ったほど変わってなかったんだって。 

懐かしい道を記憶を頼りに歩くと、下宿の建物、そこにあった。表札の苗字も同じ…。 

勇気を出してインターホンを押した。女性が出た。 

怪しまれる覚悟で、道々考えていた説明を一気に話した。 

「突然の訪問で申し訳ありません。実は、 
30年ほど前にこちらの□□さんのお宅で下宿のお世話になっておりました、○山という者です。もしも当時をお分かりの方がいらっしゃいましたら、少しでいいのでお話をさせて頂きたいのですが…」 

そしたらインターホン越しの女の人が 

「…○山さん!?」って。 

ドアが開いた。下宿の奥さんご本人だった。すっかり年取ってはいたけど、懐かしい顔。 

よく来たねえって、感極まった様子。父の事も当たり前に覚えていたって。 

父は懐かしくて嬉しくて、もっと早く来るべきだったと思いながら 
「あの、オヤジさんは…?」と聞いた。 

すると奥さんはにこっとして、ちょっと黙ってから 

「あの人ね。今朝方に、亡くなりました。」と。 

長々と書いて申し訳ないけど、話としてはこれだけなんだ。 

オヤジさんも事故とかじゃなくて、かなり高齢だったし普通というか、静かな最期とのこと。 

父は泣きながらオヤジさんに手を合わせ、不義理を心から詫びて帰ってきたって。 

ただの偶然といえばそうなんだ。 

でも30年以上、たった一日、その日に当たるなんて。そんな偶然ってあるのかなって。 

「お世話になった人が気になったらいつでもいいからすぐに、連絡を入れろ。どんなに時間が経ってもダメということはないんだ。後悔しないように。」って言ってたよ。