610 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/08/15(土) 22:56:14 ID:vT8yIhvE0 [1/11回(PC)]
かれこれ4年位前の話になるよ 
場所は、山梨県の某ビジネスホテルでの恐怖体験。 
当時付き合ってた彼女と、富士急ハイランドにいって 
(泊まりの予定ではなかったけど、吸い寄せられるように) 
某ホテルに泊まった時の話だよ。 

何処かのホテルに泊まることを二人で決めて、 
「じゃ!パーチィーしよ。」てなことになって、ピザ・酒・つまみ 
近藤さんなんか買ったあと、空いてるホテルをグルグル探して 
3件目でたどりついたのである。 

ホテルにチェックインした時(夕方18時位) 
俺は、ムラムラしていた。やりたくてしょうがなかったが 
最後は、恐怖で少しちびることになった。 

2階の真ん中位の部屋(号室は覚えてない)に入った瞬間 
生温かい風がオレに向かってモーレツに吹いてくるような錯覚 
に陥った。(彼女は何とも感じなったらしい) 

そして、中に進むと嫌な違和感を感じた。 

ダブルベットだったが、枕の上の壁に大きなカガミが貼ってあり 
なんとなく気味がわるかった。その瞬間に俺は萎えた。 

彼女は結構、天真爛漫な性格だが、ホラー系はダメだから 
カガミのことを話すのはあえてやめた。 

それから、今日の遊園地の話(FUJIYAMA)(お化け屋敷)の話で 
やけに盛り上がって、酒も進んできた頃に、彼女がニャンニャンしてきた。

 
613 : 610の続き[sage] 投稿日:2009/08/15(土) 23:01:31 ID:vT8yIhvE0 [2/11回(PC)]
カガミが気になって、そんな気になれなかった。 
そこで、彼女に風呂に入ろうと提案した。 
(チェックインした時に、フロントのオヤジが貸切風呂があって今日は 
そんなに込んでないので、時間帯は融通が聞くとか言ってた) 

部屋から、フロントに連絡したらすぐに入れるとのことだったので 
階段を下りて、1Fの風呂場にむかったのである 

その貸切風呂は、期待していたようなものでもなかった。 
1Fの通路に面していて、脱衣所+小さな岩風呂がついていた。 

俺は、間違いなく内鍵をしめたのを覚えている。 

脱衣所で脱いで、二人で浴槽(浴場?)に入って洗い合いなんかして 
イチャついていた。 
さすがに、興奮してきて風呂場でスパンスパンしたよ。チョーきもちい 

終わって、二人で横に並んで(浴槽が小さいため)つかっていた 

その時だ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 

彼女が、無言で凄い力で俺の肩にしがみついてきた。 
オレが「痛いよ。どうしたの?」って言ったら「何、あれ?」って 
脱衣所の方を指さした。 
(浴場と脱衣場の戸は、曇りガラスだけど向こうは見える) 



614 : 610の続き[sage] 投稿日:2009/08/15(土) 23:04:00 ID:vT8yIhvE0 [3/11回(PC)]
俺は、恐怖のあまり言葉を失った。 

曇りガラスの向こう側の狭い脱衣所に(確かに内鍵はしめた) 

人間とは思えないような全身の黒い影が(2mくらいあったかも) 

行ったり来たりしてるのを見た 

本当に恐怖を感じる時は、悲鳴もでないものだと初めて知った 
夢であって欲しいと思った。 

でも、何度目をつむっても、こすっても、黒い影がいったりきたりしている 

後で、考えてみたら何で俺は、そいつを凝視していたのか分からない 
でも、彼女の肩をギュット抱きながらおれは夢中でそいつを見ていた。 

彼女のことを一瞬忘れていた。 

はっとして、黙っていた彼女の顔をのぞき込んだら、失神か痙攣か 
白目をむきかけて、瞼がヒクヒクしていた 

おれが、彼女を揺すっても、だらんとなってしまっていて 
気が動転した。と同時に涙が出てきた 

気が動転していたが、どうにかしようと思って 
奴を見ないようにして、蛇口をひねって桶に水をためてバシャっとかけた 

彼女は、びっくりしたようにすぐに正気に戻って、また指をさして 
今度は「キャー」って大声で叫んだ 



616 : 610の続き[sage] 投稿日:2009/08/15(土) 23:05:56 ID:vT8yIhvE0 [4/11回(PC)]
奴は、まだ、いったりきたりしていたが今度は、曇りガラス戸の前で 
ピタット とまった。 

やばい入ってくる もう殺されると思って覚悟をした 

俺は、震える彼女の肩を掴んで、見えないように 

二人で浴槽の壁側にくるっと背向けた 

震えながら、だいたいそれから10分位たってから 

恐ろ、恐ろ脱衣場の方を見てみると、そいつは消えていた。 

彼女は、しゃべれない人になったようになっていた。 
おれも、気が狂いそうだっだが、恐る、恐る曇りガラスの戸をあけて 
狭い脱衣場を見たが誰もいない。内鍵は確かにしまっていた。 

浴衣みたいの、速効着替えてフトントにどなりつけてやろうと思った 

フロントに向かう途中(この時夜の11時位だった)で彼女に 
今すぐここをでようといったが、帰りの車も怖いからホテルに泊まりた 
いといった。 

しかし、おれは、そこでまたあのカガミのことを思い出した。 


彼女の恐怖体験は、黒い影だが 
おれは、この後もっと恐ろしい恐怖を味わい、少しチビッテしまったのである 



633 : 610の続き[sage] 投稿日:2009/08/15(土) 23:47:34 ID:vT8yIhvE0 [8/11回(PC)]
彼女は、憔悴しきっていた 
が、おれがオヤジにくっててかかるの見て、 「やめようよ」の連呼だった 
しかし、こればっかりは俺も気が気じゃなかった。 
俺は、一刻も早くこのホテルを出たかったにもかかわらず 
彼女は、車で帰る時を考えたらもっと怖いと泣いていたので 
やむを得ず、部屋を変えてもらう必要性があったからだ 
ましてや、こんな恐怖体験をするなんて考えもしない 
あの部屋に戻ったら、カガミが・・ 
何が起こるかは容易に想像できた・・ 

しばらくすると(4~5分)オヤジがフロントに戻ってきた 

冷静な面持ちだった。 
オ「何も、ありませんし、いませんでした。」 
その様子を見て、オレも冷静になった 
オレ「二人とも、見たんです。黒い影を・・・行ったり来たりして 
   冷やかしでも、言いがかりでもないです。 
   逆に今までにこのような霊現象?は何度もあったんですか?」 
オ 「私は、雇われ店長ですが、一度も耳にしたことはありません。」 

毅然とした態度で、きっぱりいいのけやがった。 
しかし、目を見ていても嘘をついているようには見えなっかた