18 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/11/17(火) 21:51:10 ID:jqeYKqLe0 [1/2回(PC)]
おいらだよ。 
今回は昔ばあちゃんから聞いた話を。 

1945年8月。中立条約をを破ってR国が攻めてきたとき、じいちゃんは 
技師として中国で発電所を建造中だった。召集はなかったらしい。 
当の発電所は、ほぼ出来上がっていたという。 

「R助の鬼が来る」 
当時はその噂で持ち切りで、日本人集落は震え上がっていた。 
日本軍は守ってくれるのか?ここの住人はどうなる? 
しかし関東軍は、その時にはいつの間にか引き揚げてしまっていた。 
いつもは偉そうな軍人さんなんて、誰も残っていなかった。 
ようやく、混乱の窮みになっているだろう開拓団総本部から指示が来た。 
発電所の工事は無期限に中止。 
開拓団は急ぎ、内地への引き揚げの準備をせよ。 
建造途中の発電所施設ハ、軍機ユエニ敵ノ手ニ堕チルコト能ハズ。 

破壊セヨ。と。 

この集落に居る皆は、日本人で在るが故に、ここで作り上げた全てを捨てて、 
ここを引き払わなければならない。今すぐに。 
ここで頑張っても、犯されて、略奪されて、殺されるだけだ。 
ここまでだ。 
同僚数十人と発電所に向かう折、じいちゃんは泣き叫ぶ、まだ子供だった伯母さんと 
お袋を抱えたばあちゃんに、一振りの刀を渡して、言った。 

「R助の鬼が来て、酷いことをされそうになったら、これでみんな死ね」 

じいちゃん達は急ぎ発電所に向かう。まだ敵の姿は見えない。 
その朝は夏なのに霧が濃く、不気味なくらい静かだったそうだ。

 
19 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/11/17(火) 21:52:29 ID:jqeYKqLe0 [2/2回(PC)]
じいちゃん達は泣きながら、運びきれなくなった、自分で引いた設計図を全て、 
燃やしたという。 
そして殆ど出来上がっていた施設を、殆どぶっ壊した。 

埃だらけで帰ってきた時、幸運なことに、まだ「鬼」は来ていなかった。 
泣き疲れた娘達を、上がり口の板敷にそのままの格好で寝かし、ばあちゃんは一人、 
暗がりの中で目を爛々とさせ、刀を携え、息を潜めて正座して待っていたという。 
そしてそのあと家族は文字通り、鞄一つで逃げた。 

夏が終わって秋が来て、瞬く間に10月にも関わらず地面が凍り始めた。 
道端に生えている、痩せて凍ったニンジンは、リンゴの味がしたという。 

延々と続く冷たい泥に足を取られながらも、ようやくごった返した港に出た。 
中国人の人買いが寄ってくる。ここまで来たのに、ここで力尽き、とうとう 
手放された子供達を狙ってる。 
切符を買うために鞄の中身は殆ど無くなった。 
命からがらようやく乗り込めた舞鶴行きの船は、最後から二番目だったそうだ。 
じいちゃんの口から聞けたことは余りに少ない。それ程じいちゃんは語るのを 
拒んでいた。 

おいらは思う。 
どんな恐怖の中で、どれだけの悲しみと怒りと絶望を置いてきたのだろう? 

遥か、満州に。