YAMA_DSC2419_TP_V
中学の頃あんまり友達いなかったんだけど一人だけ親友と呼べるくらい仲の良い友人がいたんだ 
小学校からの付き合いでお互いの家で一緒に飯を食べたりするぐらい仲が良かったさ 
でもその友人は結構自分勝手な所があってそのせいであまり評判は良くなかった 
その性格直したほうがいい、と何度か言ったんだが「今更直しても変わんないよ」の一点張りだった 

放課後や休日はよく学校の近くの丘にあるベンチと雨宿りできる場所が置いてある広場で遊んでたんだ 
その広場は友人が教えてくれたんだけど他の学校の生徒が来るとここは私の場所だ、でて行け!等自分勝手で急に凄い形相で追い出していた、それが問題で何度も先生に叱られてるのを見たこともある 
何でそんなに怒ってるんだ?と質問したら

「ここは私のお気に入りの場所だし○○(俺の名前)と遊んでるとこ邪魔されたくないから」

とかそんなこと言われたと思う 
その友人がある日事故で死んだんだ、いつも遊んでる広場で足を滑らせて転落死だったらしい 

その事を聞いた俺はショックで学校に行かなくなった、そしてほぼ毎日その広場に足を運ぶようになった 
もしかしたらあいつに会えるかもしれない、とかそんな事思ってたと思う。いつもあいつの好きな食べ物なんかを供えたりしてた 

後日その広場は危ないということで立ち入り禁止になった、行く場所も無くなった俺は家に引きこもるようになった 

三年になっても学校に行かないのは変わらず親を心配させたと思う 
たまに友人の親が家に来て俺を励ましに来てくれた事もあった、自分が一番きつい筈なのに

その後は何とか高校には入る事は出来たんだ、元々頭は良くなかったからランクの低い高校だけどそれでも体調不良で度々休む事があったから完全に立ち直れてないんだけども
そんなある日クラスの連中の会話の中で気になることを耳にしたんだ 

「○○中学の近くの丘にある立ち入り禁止の広場で幽霊が出る」

って。それを聞いた俺は放課後そいつに話を聞きにいったんだ、殆ど接点の無い間柄だから驚かれたけど話してくれた内容は

「夜にその幽霊が出てくるらしい、見た奴もいるって」

多分こう 
それを聞いた俺は友人だ!今なら友人に会えるんだ!って思ってその日の夜あいつの好きだった卵焼きを鞄入れ早速その広場に向かった 
立ち入り禁止の看板があったけど無視して進むことに、その広場は雑草やゴミで当時の広場とは夜の暗さと合わせて印象がかなり違った 
しばらく待ってたんだけど幽霊なんて出なかった、あいつに会えると思ったのにと落ち込んだ 
しかし立ち入り禁止の看板を無視して広場に来たんだし折角だから掃除ぐらいするかって事で雑草やごみを片付ることにした 

ある程度片付けた後時刻も11時回ったし帰るかと思って帰ろうとした瞬間急にうしろから気配を感じたんだ。

誰かいると 

もしかして友人か?!そう思い振り向こうとしたんだけど何故か振り向けなかったんだ、まるで金縛りにあったみたいに気配はどんどん近づいてきてとうとう自分の真後ろに張り付いているぐらい近くに来ていた 

もしかしてあいつじゃない?と思い始めた時、いきなりうしろから締め付けられるぐらい強い感覚がやってきた 
でも恐怖は感じないし、特に痛みはなく締め付けられるというより抱きしめられるというぐらいの感覚だった 

ちょっとした後その感覚は消え、金縛りみたいなのも消えてた、結局なんだったんだ?あいつだったのか?と思いながら 
家に帰った、家に帰ったあと鞄の中の卵焼きを出そうと思ったら卵焼きだけ無くなってた 
不思議とあいつ本当に勝手な奴だな・・・と思っていた。きっと卵焼きはあいつが勝手に食ったんだなって・・・ 

そんな事が起きてから広場に幽霊が出るなんて話聞かなくなったし、広場も何年かしたあと、新造して入れるようになった 
あの事故で人通りは少ないけど、今でもその広場は偶に行く事にしてる