893 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2010/09/14(火) 22:29:10 ID:fm+DHS9Z0 [1/2回(PC)]
4年くらい前の話。 
私は当時すごくチャットにハマっていて、その日もいつものチャットサイトに入り浸っていました。 
いつものメンバー。まぁ、パスつきの部屋を使っていたので当然ですが。 
いつものようにくだらないお喋りに興じてみたり、オカルト話をしてみたり。 
当時の私には微弱な霊感(あ。なんかいるなーってぐらいですが)があったので、此処が気持ち悪かった!とか、あそこ絶対何かいるよね。。。とか。 
周りのみんなもそんな感じの子ばかりで、話は盛り上がっていました。 

それで、メンバーの一人…A子が、言ったんです。 
「ねぇ、(私)。ちょっと協力して欲しいことがあるの!」 
A子がいうには、今ここにいる私以外のメンバーはみんな霊感があって、 
死者を無事に冥界に送り届ける死神的な仕事をしているのだとか。 
そして今まさに、世界の危機が迫っているのだとか。 
冥界が現世と接触しそうだとか。 


894 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2010/09/14(火) 22:31:27 ID:fm+DHS9Z0 [2/2回(PC)]
>>893続きです。 

普通に信じられるわけないですよね。私はそうでした。 
でもA子が、周りのみんながあまりに必死なので、ちょっとぐらいは信じてあげてもいいかなって思ったんです。 
そして、信じる旨を伝えると、 
「(私)には特別な力がある!だから一緒にこの世界の危機を救って!」 
とか言われて、ワケワカランと思いつつもおkって返事をしたところ、 
「じゃぁ(私)の精神だけつれていくね!」 
ってA子が打ったであろう文字が見えて、気づいたら一時間後でした。 

私にとってはたった瞬き一回の時間だったのに、家中のどの時計を確かめても確かに一時間が経っていたのです。 
その文字を見たときはまだ夕焼けで空が赤かったのに、もう暗くなっていました。 
そして、その一時間の間にA子たちはみんな退室したあとでした。 

次の日、いつものように部屋に入ったら、いつもどおりのA子たちが集まってきて。 
何気なく前日のことを聞くと、「なにそれw?夢でもみたのw?」と笑われました…。 

その後、受験だなんだで忙しくなってA子たちとはもう連絡が取れなくなってしまいました。 
あの日のA子たちはみんな揃って私をからかったのでしょうか。でも、私の空白の一時間はいったい…。 
と、いうより、特別な力って何…!?オカルト好きとして一番気になるのはそこですが、 
もう彼女たちに聞くことは出来ないので、永遠に謎のままになってしまいました。