108 : 代理投稿 ◆100mD2jqic [sage] 投稿日:2010/08/20(金) 23:30:31 ID:NzwSnF7x0 [9/14回(PC)]

【おじいさんで良かった】 1/2 

バイト先の先輩に聞いた話です。 

大学の友人のアパートの一室が仲間内のたまり場になっていて、行けば必ず 
誰かがいるという状態だったそうです。 

いつものように学校帰りにその友人宅に寄ったところ、その日は珍しく誰も部屋に 
いませんでした。 
暫く部屋で待っているとようやく外が騒がしくなり、友人達が戻って来た模様。 
すぐにドアを開けて出迎えたのですが、友人達の様子が何やらおかしいのです。 
特に真っ先に部屋に飛び込んで来たA君は、顔面蒼白になっています。 

『どうしたんだよ、お前、顔色が悪いぞ?』 
そう言いながらA君の肩を掴んだ瞬間、何かが肩の上に乗ったような重みを感じ、 
立っていられなくなってその場に膝を着いてしまいました。 
意識もはっきりあり、脳貧血のような感じもしないのに、何故か体が持ち上がらず 
ついには床に押し付けられるようにして、べったり倒れてしまいました。 

暫くは体も動かず、口もきけない状態で、友人達が狂った様に顔や体を 
叩きながら、必死で名前を呼び続けるのをただぼんやりと見ているだけでした。 

それから30分も経ったでしょうか、突然ふっと体が軽くなり、何事もなかったか 
のように元通りに。 

一体何が起こったのか??と、きょとんとしていると、顔色の悪いままの友人Aが、 
『やっぱりさっきのアレだよ…。』 
と言い出しました。

 
109 : 代理投稿 ◆100mD2jqic [sage] 投稿日:2010/08/20(金) 23:31:14 ID:NzwSnF7x0 [10/14回(PC)]
何かと思って尋ねると、たった今、近くにある『夜になると人の顔が浮かび上がる 
石碑』のところに皆で肝試しに行ったと言います。 
しかも、『車に乗って見に行くと、呪われて事故をおこす』という噂があり、 
全員で単車を連ねて行く事に。 
A君だけは行く事に反対したそうなのですが、結局ノリノリだった他の友人達に 
押し切られて全員で行く事に。 
石碑に着いて、全員で暫く石碑の表面を見ていましたが、顔らしい物は何も浮かび上がらず、 
特に変わった事もおこらなかったので、そろそろ帰るか…という話になった時。 
突然、A君が石碑の上の方を指差して、慌てたように何か口走り始めました。 
みんなが揃ってそちらを見上げると、地上数メートルの石碑の上に、一人のおじいさんが 
乗って、こちらを見ていることに気づいたそうです。 
それを見た瞬間、全員でパニック状態になって、猛スピードでその場を逃げ出し、 
アパートまで戻って来たという事だったらしく、先輩がA君の肩を掴んだ瞬間金縛り状態で 
倒れたのは、何か憑いて来ちゃったんじゃないか?という話になりましたが、とにかく 

誰も事故らなくて良かったじゃないかということで、その日は解散することに。 

ところが翌日、A君が運転する単車が事故を起こしました。 
本人も一命は取り留めたものの、単車は廃車に、本人も数ヶ月の入院生活を余儀なくされ 
る程の惨事だったそうです。 

前述の肝試しの件があったため、怖くなったA君は退院するとすぐに近所の拝み屋さんを 
頼ってお祓いに行きました。 
そこで拝み屋さんにこう言われたそうです。 
「見たのがおじいさんで良かったですね。おばあさんだったら、あなた、死んでましたよ。』