139 : 歩兵 ◆T4kE1oY42E [sage] 投稿日:2010/08/20(金) 23:57:53 ID:N80vX2uc0 [1/2回(PC)]
『腑に落ちない偶然』(1) 

実話なので大したオチも盛り上がりもありませんが、ご了承ください 
5年ほど前のことなのですが、夜中に寝ていると突然 
「ダァーン!!」と大きな音がして目が覚めました 
それはもう思わず飛び起きるくらいの音でした 
すぐに部屋の電気をつけて、何事かとあたりを見回してみると 
本棚の下に本が転がっていました 
「ああ、これが落ちたんだなぁ、びっくりさせやがって・・」と、とりあえずその本を本棚に収めたのですが 
ふと、思ったのです 
落ちるわけがないだろう、と 
本棚には本がギッシリと隙間なく詰まっていたはずだから 
その証拠に、たったいま、その落ちた本を収めた時も 
ギュっと押しこむようにして、他の本との隙間に詰め込んだのです 
しかも重いんです、その本(だいたい一般的な国語辞書と同じくらいのサイズ) 
これが自然に落ちるってことはあるのか? 
そう考え出すとなんだか怖くなって、その後は情けない話ですが電気をつけたまま寝ました 

 
140 : 歩兵 ◆T4kE1oY42E [sage] 投稿日:2010/08/20(金) 23:58:53 ID:N80vX2uc0 [2/2回(PC)]
腑に落ちない偶然(2) 

あくる日、昨夜の事も忘れて、いつものように会社で仕事をしていました 
すると、確か午前11時頃だったと記憶していますが「グワン」と床がいきなり大きく揺れたのです 
社内はちょっとしたパニックになりました、地震が起きたのです 
記憶している方もいらっしゃいますでしょうか 
後に「福岡西方沖地震」と名付けられた大地震でした 

会社内の落下物の片付けや交通機関の乱れもあり、その日の帰宅はいつもよりかなり遅くなりました 
自宅に帰ると母親が心配した様子で出迎えてくれました(当時は実家在住) 
「あんた大丈夫やったね?携帯もつながらんし心配したわぁ」 
「すごい揺れたよ、携帯はダメやったね、俺もかけたけど全然繋がらんかった」 
「そうねぇ・・こっちは博多ほどは揺れんかったらしいけど、それでもびっくりしたわぁ」 
「なんか家の中で壊れた物とかあったと?」 
「特には無かったねぇ、テーブルに置いてたコップが1個割れたくらいやねぇ」 
このような会話をかわしながら遅い夕食を済ませ、自室に引き上げました 
部屋の電気をつけると、出かける前と特に変わりもないようです 
ソファーに腰をかけビールなどを飲みながらニュースを眺めていました 
「ん?」 
テレビの横の床に何がが落ちているのに気が付きました 

本棚に目をやると、無い 

床に落ちている、それを手に取ると 
「巷説(こうせつ)百物語」 
昨夜落ちてきた本でした