204 : 柏餅 ◆A6QVLbDKu6 [] 投稿日:2010/08/21(土) 01:20:11 ID:1sgwWD2IO [1/6回(携帯)]
【カラオケボックスにて 1/3】 

先週、ちょうどお盆の時期の話。 

実家に帰省していた俺は、地元の旧友二人(A・B)と再会を祝して飲んでいた。 
当初は終電で帰る予定だったのだが、盛り上がっているうちに終電を逃してしまった。 
仕方ないのでカラオケにでも行って始発を待つか、という事に。 

「俺が昔バイトしていたビル、改装されてカラオケ店になったんだ。そこ行こうぜ」 

そうAが言ったのだが、正直、俺とBは気が乗らなかった。 
というのも、俺とBは多少の霊感持ちで、そのビルに『いる』事を知っていたからだ。 
だが零感のAは、俺とBの微妙な反応にも気付かず、さっさと歩きだしてしまった。 

件のビルに着くと、確かにすっかり改装されていて、内部に当時の面影はなかった。 
まだ新しく、綺麗で明るい雰囲気の店だ。 
あの頃のような、淀んだ空気は全く感じなかった。 
5階の一室に通され、しばらくは何事もなく交代で歌っていたのだが…。 

深夜3時を回った頃、異変が始まった。 
入れたはずのない曲が入っている(韓国語の曲だった)、 
冷房を切ったのに足元を冷たい風が撫でる、 
マイクを指先で叩くようなノイズが何度も入る、などなど。 
俺とBは極力気にしないように努めていたのだが、何かいるって事は明白だった。 
零感のAも、何かおかしいと気付き始めたようだった。

 
205 : 柏餅 ◆A6QVLbDKu6 [] 投稿日:2010/08/21(土) 01:21:57 ID:1sgwWD2IO [2/6回(携帯)]
【カラオケボックスにて 2/3】 

入れたはずのない韓国語の曲がまた流れ出したので、演奏中止のボタンを押した。 
もう全員、曲の予約など忘れていたので、画面は映画の予告を映し始めた。 
…だが、音がない。 
さっきまでノイズ交じりでも動いていたスピーカーが、全くの無音。 
次の瞬間、突然テーブルがガタガタと揺れ始めた。 
二つ並んで設置されているテーブルの片方だけが、リアルに揺れていた。 
Aが灰皿の縁に置いていたタバコの吸いさしが、転がって灰皿内に落ちた。 
三人とも無言のまま、なぜかそのテーブルの足元を覗き込んだ。 

…子供の手が、テーブルの支柱を掴んで揺さぶっていた。 
手首から先しかない手が、床から20センチくらいのところに浮いていた。 
うわあああ!と悲鳴を上げたAの口を、隣に座っていたBがふさいだ。 

「落ち着け、騒ぐな。とりあえず黙れ、な?」 

なだめるようにBがそう言うと、Aは泣きながら無言で2回うなずいた。 
腰の抜けたAを抱えるようにしながら、俺たちは手早く荷物をまとめて部屋を出た。 
その間もテーブルは揺れていて、スピーカーは無音のまま。



206 : 柏餅 ◆A6QVLbDKu6 [] 投稿日:2010/08/21(土) 01:23:19 ID:1sgwWD2IO [3/6回(携帯)]
【カラオケボックスにて 3/3】 

すぐにもこのビルから出たかったが、Aがまともに歩ける状態ではなかったので、 
俺たちはひとまずトイレに行った。 
洗面台に掴まってしゃがみこみながら、Aは震えていた。 

「あれ、あれ何?手だった、手だけ…」 

そういうものを初めて見たAは、かなりパニクっていた。 
俺とBは顔を見合わせて、やっぱりな、という表情。 
ちょっと迷ったが、俺はAに正体を教えた。 

「あれな、お前がバイトしてた頃からいたんだよ。半袖のTシャツ着た男の子」 

当時、俺とBはAのバイト先に遊びに行った時、全身を見ていた。 
店の窓辺に一人で座っていたり、店内を走りまわったりしていた。 
時には客の足元まで来て、顔を覗き込んだりもしていた。 
あれは多分、『見える奴』を探していたんだと思う。 
ずっと一人で、寂しかったのかもしれない。 
その頃も、場所はちょうど、あのビルの5階だった。