873 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/11/01(月) 22:57:58 ID:lUz7mxhf0 [1/1回(PC)]
仕事帰りの電車の中でのこと。 

席が埋まっていたので、電車の隅に立って角に寄りかかり、 
バッグを足元に置いて、腕組んで目をつぶってた。 

まもなく降りる駅に着くというアナウンスが聞こえたので、 
目を開けて足元のカバンを取ろうと体を動かしたとき、 
俺の手が後ろの誰かの手に当たった。 
とっさに「あ、すみません」って声を上げたところで、気付いた。 

車両のいちばん隅の角に寄りかかっていたので、後ろは当然すぐ壁。 
誰か居るはずがない。 
周りに立っている人もおらず、座席の人が俺に、 
「誰に謝ってるの?」みたいな目を向けていた。 

手が当たったときに明らかに、あちらの手も慌てて引っ込めた感触があった。 
産毛の感触も、体温の感触もあった。 

あれは、誰の手? 

なんかもう電車の隅には乗りたくなくなった。