246 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2010/01/05(火) 19:42:52 ID:9KvPRRV8 
うちの実家には土蔵が二つある 
一つは普段物置に使ってる通称「おもての蔵」 
もう一つが、母屋から離れたところに建ってる通称「お化け蔵」 
こっちは「お化けが出るから入るな」と言われて俺も両親も入ったことがない 
朽ちかけて白壁が所々はげ落ちて苔も生えてるし、蔦に半分覆われてて 
いかにも嫌な雰囲気が漂ってる上に、鍵が行方不明の錠がかかってて入ろうにも入れなかった 

ところが今度帰省してみたら、戸が崩れかけて錠が金具もろともモゲてたから 
「もしかしたらお宝があるかも」と意を決して入ってみた 

中はホコリとカビと土の臭いが充満してて 
唐箕だの足踏み脱穀機だの長持だのつづらだの、先祖代々のガラクタが転がってたんだが 
その奥の一階部分に巨大な鉄格子が嵌ってた 
中を覗いてみると、埃をかぶった和箪笥や文机やランプ、茶碗や箸、隅には和式のボットン便所と 
生活道具が一揃い 

…どう見ても噂に聞く座敷牢だよな 
怖くなってすぐ外に出たし、ヤバそうだからまだ誰にも聞いてないが 
過去にうちで何があったんだあれ…

 
486 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/09/30(木) 21:11:50 ID:/6VY+BXCP [2/2回(p2.2ch.net)]
田舎で灯火にランプを用いたってことは、昭和初期ごろ迄だろ。 
その頃、そこに精神病の近親者を入れてたんだな。 
座敷牢は、患者が暴れるなど、余程家族が手を焼く理由がない限りは苦労して設えない。 
精神病の家族が居れば、怖いも言ってられまい。人権云々より家族自衛の為の手段なんだから。