538 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2010/09/30(木) 15:12:53 ID:jEkthpcs0 [1/1回(PC)]
もうかなり昔の話です。 

中学生ぐらいの時まで、某原発の近くに住んでいたのですが、家のすぐ近くに 
池があり、そこでよく、親友と一緒に、釣りをしていたのですが、目が一つの 
魚が釣れたり、頭が三つ付いた鯉などが釣れたりしたのですが、当時はそんなこと 
気にする事もなく、「気持ち悪いね~」と言っていたのですが、 
ある日、池に入って、水草の生えている所で、網でガサガサをしていたのですが 
突然、親友が「痛っ!」と叫んだので、なんだなんだ、思って 
近づいてみたら、ラグビーボールより、すこし大きいぐらいの巨大なヤゴが 
噛みついていて、何故かその時、怖いという感情は無く、「なんだこれっ! 
すげえ!」と言って、痛がる親友の足から、無理矢理、ヤゴの顎を引っ張って 
外し、網に入れようとしたのですが、かなり重く、なんとか、網に入れたのですが 
、鋭い顎のようなもので、簡単にナイロンの網を破ってしまい、あっという間に 
、深場の方に逃げていってしまい、「惜しかったなー 次見つけたら、 
絶対捕まえようぜ。」と親友と言っていたのですが、その日の夜、家族に興奮して、 
ヤゴの事を話したら、父親に、「もう絶対にその池に行くな!」とすごい形相 
で言われ、親友も、親に何か言われたらしく、2人で、「残念だな~」などと言い合っていたのですが、 
結局、その後池に行くことは二度と無く、私も、そこから、引っ越してしまいました。 

池の事はすっかり忘れてしまい、親友とも会っていなかったのですが、 
去年の夏あたりに、久しぶりに親友を訪ねたら、既に亡くなっており、死因はガン 
だったそうです。 

池も埋められてしまい、地形もだいぶ変わってしまったので、もう確かめる 
術もありませんが、今でも、時々、あの池の事を思い出します。



539 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/09/30(木) 15:26:00 ID:nF1p9PMXO [1/1回(携帯)]
原発近くにすんでたことが怖くて洒落にならん