820 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2010/10/04(月) 20:45:58 ID:ErsFOF2o0 [1/7回(PC)]
9年前のある日、釣りに出かけていた兄が顔を蒼白にして帰宅した。 
がたがた震えている兄に話を聞くと、「怖い思いをした。○○ガマへ 
は行くな。あかんぞあそこは、コワイモンがおる。」と繰り返している。 
あたたかい紅茶を飲ませ、母と話を聞くとこうであった。 
兄はこの時期いつも釣りに通っているリアス式の湾内にこの日も朝からでかけた。 
自分たちは○○ガマといって、このガマというのは平家の落人が日々の生活のため 
塩田を切り開いた土地で、この地方にはいくつもそのような何々ガマという地名がある。 
照葉樹林に囲まれた湾内の水面は鏡のように静かで湖のようにみえる。 
そのようなリアス式の入り組んだ小さな小さな湾のひとつが自分たち家族が通い詰めた場所であった。 
自分たちは○○ガマと呼んでいた。死んだ父と兄と自分で小さい頃から通い詰めた場所で、 
知り合いなら竿二本。先客がいたら、そこで竿を出すのをあきらめなければならない 
畳二畳ほどの小さい石積みがある。そこに行くには上のぐねぐねした細い道から 
30mほどの獣道を下りらなければならない。 
小場所だけに場所を知られるのを恐れた父は車を少し離れたところにとめて通い詰めるなどしていた。 
十年ほど前からここに通うのは我々だけになってもここを発見されるのを恐れ 
車は遠くに駐車するようにした。自分たちが小さい頃、父が見つけたこの場所は父が死んでも秘密の場所だった。 
しかし、その場所はよくつれるのかというとそうでもなかった。ただし20m先の水深が4mでフラット。 
底は砂地で自分たちの釣り方に合っていたし、春夏はうるさいほどウグイスが鳴き、 
向かいにある廃業した真珠選別所でまれに漁師が網を干している以外はどこからもみえない。 
よって、この場所は、GWでも盆休みでも人は来ず。鏡のような湖面に浮かぶウキを見ていると、 
それだけで癒されるような気持ちになるのだ。 

 
822 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/10/04(月) 20:50:54 ID:ErsFOF2o0 [2/7回(PC)]
 ともかくそこに兄は出かけた。そして昼飯を食べているときコワイモンを見たということであった。 
そのコワイモン何だと聞いても答えない。とにかく恐ろしい目にあった兄は飛ぶようにして崖を登り 
車に乗って帰って来たということだ。 
そこまで聞いて私はハッとした。「タモはタモは置いてきたんか!」「置いてきた、、、。」と兄。 
タモの柄ははどうでもいい。タモワクは死んだ父が樅を曲げ作ったモノで、自分たちにとっては形見のようなモノであった。 
「取りに行くわ!」と兄と母に告げ車に乗り込んだ。後ろからは二人の「やめとけ。」と言う声が聞こえたが、タモは譲れん。 
晩秋の夕刻は、あっと言う間に日が沈み外はとっぷりと暮れていた。 
「もう6時か。」その闇に少し驚きながら,車を出そうとしたら目の前に近所の少しおかしい母娘が車出しの前に立っている。 
「すいませんそこどいてくれません?」と声をかけるがこっちを振り返るだけで、ボーと立ちすくみどこうとしない。 
いらいらしながら車で待つと少し冷静になってきた。今は6時。車で2時間。ガマに着くのは8時。 
暗闇の中、獣道を下りていく自分の姿が頭に浮かんだ。少し怖くなった。 
「やめとこ。あそこは誰にも知られてないし。明日明るくなっていけばいい。」と考えた。 
その時、その母娘の家主がこちらにぺこぺこ頭を下げながら二人を連れて行った。 
今思うと、この二人に助けられたように思う。 
翌日、自分には時間がなかった。仕事があったのだ。4時の暗いうちに家を出る。 
兄は今日は休むらしい。6時前にガマに到着。朝の光の中獣道を下る。 
久しぶりだ、自分が最後に釣りに来たのはもう何年前か。 
少しコワイモンのことが気になったが、この穏やかな光の中ではそんな思いは消し飛んでしまう。 
はたして釣り具一式はあった。タモは!タモも釣座の後ろに投げ出されている。 
ほっとして手早く釣り具を回収しなければと考える。カラスの声でコワイモンのことが頭をかすめる。 
クーラーとダンゴ材が入ったバッカンが先だ、その後スカリと竿、タモで2往復で勝負を付ける。 
クーラーを持とうとした。持ち上がらない。何が入っている!



823 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/10/04(月) 20:56:33 ID:ErsFOF2o0 [3/7回(PC)]
クーラーを開ける。ものすごい臭気が鼻をつく。中には何かの魚。 
たぶんいわしミンチがたぷたぷとクーラーいっぱい入っている。 
何日間も放置されたような腐肉のにおいが目と鼻を襲う。 
「なにやっとるんだ。」兄に対する怒りが頭の中を支配する。 
しかし「これは兄がしたことなのか。何でいわしミンチ?何で腐ってる?」 
と考えるが兄に対する怒りが頭の中を支配していた方が怖くない。 
無意識のうちにそう考えていた。 
「どうする?あきらめるか。クーラーはあきらめる。とりあえずリールと 
タモワクは持って行こう。いやタモワクだけでいい。」と考え 
タモワクをつかみ戻ろうとしたとき後ろのタブノキに首つり死体を発見した。 
自分に背を向けている中年。ベージュのジャケット。足は地面に着いている。 
しかし死んでいるのは間違いない。なぜなら恐ろしいほど首が伸びている。 
釣座に行く時は、タモが気になっていたし、木の陰だったので気づかなかった。 
自分はこれを見て少しほっとした。「兄のコワイモンはこれだった。ただの首つり死体。 
釣りをしていて気づかずに、昼飯時にふと後ろを見て錯乱した。たぶんそんなところだろう。」 
そう考えながら死体から目を離せないでいた自分は少し冷静になりそして気が重くなった。 
「この忙しい時期に。今日は仕事休まなあかん。警察呼んで事情聞かれて 
、解放されるのはいつのことやら。」「このまま、知らんぷりで行こうか?しかし、道具をおいて? 
誰かに車を見られたかもしれない。やっかいだがしょうがない。」 
なんだか死体に背を向けるのは怖くて、タモをもち振り返りながら道を上る。 
「駐在があったな。」 車で1分ほどの所に集落があり、そこに駐在所がある。 
しかし警察官は不在だった。ご用の方はここにメモするようにというバインダーに挟んだ紙とボールペン。 
緊急の場合はここにという電話番号。またまためんどうくさくなった。