89 : 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ [sage] 投稿日:2010/10/01(金) 20:54:51 ID:PlJ4YC6p0 [3/3回(PC)]
幼馴染みの話。 

彼が昔住んでいた団地は、山を切り開いて造られていた。 
その山から切り出したのだろうか、団地の外れに、大きな石が置いてあった。 
綺麗にされてはいたが、石碑のように字が彫られている訳でもなく、 
ただ単純に置かれているだけだったという。 
子供たちはその石を『石神様』と呼んでいた。 

この石神様、夜になると時折、低い声で笑っていたらしい。 
彼もそれを聞いたことがあるという。 
熟帰りに自転車を押して横を過ぎると、間違いなく石の方から「フフフ」と 
含み笑いするような声がしたのだと。 
「おー本当だったんだ」と子供心に感心し、一つ手を合わせて拝んでから、 
その場を後にしたそうだ。 

「怖くなかったの?」という私の問いに、 
「何が?」と彼は不思議そうな顔で問い返した。 

その団地も再開発が進んでいる。石神様は今も笑っているのだろうか。