127 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/10/04(月) 14:28:25 ID:E+ZR/xzl0 [1/2回(PC)]
香川県の爺ちゃんの話だが、河童は普通にいたらしい。 
海辺の町で満潮になると、ほとんど海水になるような所。 
爺ちゃんの父の世代は皆目撃してたらしい。 

話は変わるけど、祖父の母屋に大きな木があって、祖父の母が子供のころ、その前で友達とゴムとびとかして遊んでると、 
一人数が多い事がよくあったらしい。改めて数えたらいないんだけど、遊びに集中してくると、どう考えても人数が多いなって思う。 
夕方になって親が呼びに来て皆、一人ずつ友達が帰って行くんだけど、人数が減ってくると、気がついたらもういなくなってる。 
お松さん?(よく覚えてない。)とかいうタヌキの仕業らしい。 
母が、母の祖母に聞いた話。(母の祖母→母→俺、と人を通しているのであやふや。もっと詳しいエピはあったような) 
128 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2010/10/04(月) 14:39:25 ID:zPiVorWQ0 [1/2回(PC)]
河童の目撃談って多いみたいね。 
九州や四国では、このように数十年前まで見られていた。 

もっと昔なら日本中に河童にまつわる話はあるが 
近代になってからはこの地方に限られるようだ。 

骨の一本も見つからないのは、多分、精霊の一種だからだと推測している。

 
129 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2010/10/04(月) 15:02:59 ID:pIVqo4vZO [1/1回(携帯)]
九州の田舎者だけど 
確かにカッパをまつってる地域多い 


家のじいちゃん林業してんだけど、 
ある時寝てたら沢山の人の声がして 
起きても誰もいない 
というか、民間の人が入れるところじゃない 

声と強い風だけが通りすぎていったらしい 
声だけって結構多いよな 
あと山は女は基本ダメなんだそうな 
猟も男だけで行く 
つきそいでもだめ 



130 : 大往生 ◆PfeBATiceI [sage] 投稿日:2010/10/04(月) 15:18:59 ID:8mgG7P1p0 [1/1回(PC)]
>>129 
このスレはそういう話に飢えておる。もっとないかへ!うおぉぉぉぉぉぉ━━━━!!



132 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/10/04(月) 15:42:24 ID:bohN2fZLO [1/1回(携帯)]
うちの90過ぎのばぁちゃんは、小さい頃河童は日常的に見てたと言ってた 

小学生への通学途中にある川っぺりの木の上にいつもいたんだって 

大きさは、ばあちゃん曰く「猫ぐれぇ」だそうです 

人の言葉が話せたらいいのにって思ってたけど 
「ゲッゲッ」って鳴くばっかりで全然面白くなかったって言ってた 

山の話しじゃなくて失礼 

ちなみにばあちゃんの出身は会津若松のほうです