721 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/11/07(日) 02:19:42 ID:Gk7rexAf0 [2/3回(PC)]

 北アルプスの紅葉を見ようと、10月4日から5日間、常念山脈の 
餓鬼岳から常念岳まで縦走しました。この縦走路の途中で東沢乗越と 
いう谷を通過し、約500㍍ほぼ直登すると、風化した花こう岩の砂 
利が広がる尾根に出ます。ここに古いがしっかりした道標が立ち、燕 
岳と90度方向を変えた先を指していました。 
 好天に恵まれ、登山道もはっきりしていて体調も良く、先に進むと 
、なんと通過したはずのこの道標に戻ってしまったのです。狭い山肌 
を削った一本道なので、別の道に誘導されるような枝道などをつくれ 
るところではありません。 
 不思議なこともあると、再び歩き出しましたが、やはり元に戻って 
しまいました。魔界に入り込んだようで、原因がさっぱりつかめず、 
ザックを下ろして水を飲み、時計を見ると午後零時半です。気を取り 
直し。3度目の出発をしました。 
 今度は歩きながら後方の景色が後退していくのを何度も振り返り確 
認して進み、その結果、先に進むことができました。登山中に消息不 
明になる記事を見かけますが、こんな体験をすると、パニックに陥っ 
てあらぬ方向に進み、遭難してしまうケースがあるのではないか、と 
考えながら縦走を続けました。

 
722 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/11/07(日) 02:36:52 ID:1qAZpTn10 [1/1回(PC)]
いいね。それから?

 

723 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/11/07(日) 02:50:19 ID:Gk7rexAf0 [3/3回(PC)]
 投稿は以上でおしまいですわ。無事に帰ったということと思われる。