666 : 自治スレでローカルルール他を議論中[sage] 投稿日:2010/10/18(月) 20:32:42 ID:ri7Mty6fO [4/16回(携帯)]

「埋められた鳩」1 

高校の頃、鍵を忘れて、家に入れなかったことがあるんだ。 
時間的に1時間もせずに母上が帰ってくるはずだったから、近所のゲーム屋で暇でも潰そうと足を運んだ。 
そしたらそのゲーム屋の隣にある車屋の前に、鳥の死体が落ちてたんだよ。 
鳩なんだけど、前日の雨のせいで目茶苦茶冷たくなっていた。 
あんまりだったから体育のジャージで包んで(感染症怖い)通っていた中学校に持ってったんだ。 
顔見知りの先生にスコップと校舎裏の使用許可貰って、途中で会ったコンビニ帰りの友人Kと一緒に埋葬して弔ってあげた。 
Kがビニール袋をくれたから、それに入れて口をきつくしばって土が入らないようにして、結構深いところに埋めたと思う。 

んで、半年ぐらい前だ。 
Kと、あとT、Aで心霊スポット(町外れの廃工場)に遊びに行った。 
町外れにある、小学校ぐらいの敷地の半分が工場で、残りの半分に駐車場と事務所的な建物が建っていた。 
事務所っても小さいわけじゃなくて、4階建てで小学校の校舎ぐらいは余裕であった。 
たとえるなら、小学校を想像してくれ。 
あれの校舎が事務所で体育館が倍ぐらいになったのが工場。運動場の半分ぐらいの駐車場だ。 
少し離れたところに車を止めて(運転はA)、全員で近づいた。 


続く

 
667 : 自治スレでローカルルール他を議論中[sage] 投稿日:2010/10/18(月) 20:34:50 ID:ri7Mty6fO [5/16回(携帯)]

「埋められた鳩」2 

調べたところ、敷地は2メートルぐらいのコンクリ壁に囲まれている。 
で、鎖で封じられていた鉄製の門(これも校門を想像してくれるとわかりやすい)を開けることにしたんだ。 
鎖は南京錠で固定されていた。 
乗り越えるか破壊してもよかったんだけど、俺がピッキング出来る人だったから、鞄から愛用の工具箱を出して解錠を始めた。 
ちなみに南京錠程度しか開けられない。最近のマンションの鍵とかマジで無理。 
で、Aが「じゃあ車をこっちに持ってくるから、それまでに開けておいてくれ」って言って車を取りにいって、ちょうど戻ってきたところで俺は諦めた。 
南京錠が随分と錆びてて、開けようがなかった。 
そしたらTが俺の工具箱からげんのうを取り出して、いきなり南京錠に叩きつけた。 
かなり赤錆でボロボロになってたからか、その一撃で南京錠の輪の部分が砕けて鎖を解くことに成功したんだ。 
で、その結果を笑いながら敷地に入って、Aが入口をに向けて車を止めるのを待って、とりあえず事務所のほうから見ることにした。 

続く



668 : 自治スレでローカルルール他を議論中[sage] 投稿日:2010/10/18(月) 20:36:42 ID:ri7Mty6fO [6/16回(携帯)]

「埋められた鳩」3 

中は目茶苦茶で、俺たちよりも前に来た奴らがいたのか、不自然にガラスが割れていたり菓子やビールとか飲食物の包装とかが落ちていたりして、 
T「俺たちもなんか持ってこればよかったな」 
俺「煙草でも飲むか?」 
K「お前しか吸わねーよ」 
俺「いや、煙草は吸うんじゃなくて飲むっていうんだぞ」 
とか話しながら奥に進むと宿直室みたいな部屋があった。 
T「なんか探そうぜ」 
ことになって、みんなでいろいろと漁ったら、一つだけ開かないロッカーがあった。 
K「出番だぜ」 
言われて見てみたら簡単なタイプだったんで、工具箱からマイナスドライバーを取り出して鍵穴にぶち込み無理矢理こじ開けた。 
A「……それってどんな鍵でも開けれるのか」 
俺「バイクとかもいけるけど、あれは直結したほうが早いな」 
K「犯罪者だな」 
俺「やったことはない……捨ててあるバイクで練習したことはあるけど」 
とか話しながらロッカーの中を漁ると、古びた財布が出て来た。 


続く



669 : 自治スレでローカルルール他を議論中[sage] 投稿日:2010/10/18(月) 20:38:54 ID:ri7Mty6fO [7/16回(携帯)]

「埋められた鳩」4 

T「おっ、ラッキー。5000上下?直でもいいぞ」 
Tがそれをつまみ上げ、そういった。 
つまりは5000円より多いか少ないか、当てろということだった。 
直っていうのはぴったり当てること。 
K「下だな」 
A「下」 
俺「直で、入ってない」 
T「おい、俺強制で上じゃねーかよ。 
まあいいか……おっ、金は無いな。お前の勝ちだ」 
そういって、Tは俺に財布を投げてきた。 
中を見ると確かに金は無く、随分と古ぼけた写真が一枚入っていた。 
おそらく家族の写真だろう、どこかの公園に美人とは言い難いが優しそうな女性と、幼い少女が映っていた。 
俺「いるかよこんなもん」 
俺は財布をロッカーの中に投げ捨て、突き刺したままのマイナスドライバーをベルトに挟み込むと、4人で次の場所を目指した。 
階段を上がって廊下を歩いていくと、工場のほうに行ける渡り廊下があった。 
K「そういや、なんでここ潰れたか知ってるか?」 
T「知らねー」 
A「知ってるのか?」 
K「なんかここ、金属加工の工場らしいんだけど、プレス機に事故で何人か挟まれて死んだとかなんとか」 
俺「うわ、それは嫌だな。 
どうするんだよ、まだそのプレス機残ってたら」 
T「写真でも撮るか? 
その死んだ奴の霊が写るかも知れねーぜ」 
そんな感じのノリで工場に入って、幾つかの機械を見てまわった。



670 : 自治スレでローカルルール他を議論中[sage] 投稿日:2010/10/18(月) 20:40:59 ID:ri7Mty6fO [8/16回(携帯)]

「埋められた鳩」6 

手回しのウィンチとかあって、TとKがそれをクルクル回して遊んでいた。 
そのとき、 
A「……待て。 
ここって、廃棄されてから5年は経っているよな」 
K「ん?ああ、たしかそのくらいだ」 
俺「それが、どうかしたのか?」 
A「だったらどうして、油をさしていないはずのウィンチがそんなにまわる?」 
僅かな沈黙。 
そして突然、近くにあった重機の一つが倒れた。 
それと同時に物凄い瘴気と悪寒を感じ、慌ててまわりを見回した。 
すると工場の奥から黒い影みたいな、明らかに人外のなにかがたくさんにじり寄って来た。 
T「……ちょ」 
K「な……なんだ」 
A「驚いている場合か!走れ、逃げろ!」 
Aがそう怒鳴り、俺たちは近くにあった工場の窓を開けて急いで外に出た。 
全速力で走って逃げたんだけど、なにかとの距離は離れず、逆に少しずつ近づいてきたんだ。 
それでもやっとのことで車まで辿り着いたら、 
A「鍵落とした!」 
俺「そこをどけぇっ!」 
俺はベルトに挟んでいたマイナスドライバーを鍵穴に叩き込み人生初にしてたぶん世界最速の自動車破りを達成した。 
全員で飛び乗って鍵を閉めて外を見ると、誰もいなかった。 
ほっと一息ついた瞬間、両側のドアになにかがぶつかった。 
そのままメキメキって音を立てた。 
明らかにプレス機にかけられていた。 

続く