671 : 自治スレでローカルルール他を議論中[sage] 投稿日:2010/10/18(月) 20:43:10 ID:ri7Mty6fO [9/16回(携帯)]

「埋められた鳩」7 

俺はAに頼まれて鍵穴の辺りを叩き壊して、 
昔俺にピッキングとかの技を教えてくれた先輩から一度だけ聞いた車の直結方法を思い出しながら、それを試した。 
エンジンがかかり明かりがつくと、なにが車を押し潰そうとしているのかが見えた。 
人間の手が無数に車に張り付いてもの凄い力をかけていた。 
T「早く出せ!潰されてんぞ!」 
A「分かっている!アクセルが効かないんだ!」 
Aはアクセルを何度も踏み込み、実際にタイヤは回っているのだが、明らかに手たちの力が勝っていた。 
いよいよフロントガラスが砕けようとするかしないかの刹那に、どこからか、鳥の羽ばたきが聞こえた。 
その瞬間、手たちは一瞬だけその力を弱めた。 
一瞬で十分だった。 
アクセル全開で車は走り出し、あっという間に敷地外に走り出た。 
工場から1キロぐらい離れて、車から降りた。 
見ると、車自体にはなんの損傷もなかった(俺が破壊した部分を除く)。 
普通ではない点は二つ。 
車体に大量についた、機械油の手形。 
そして車の屋根の上にあった、鳩の羽根。 
俺「もしかして、あの時の鳩なのかも知れない」 
K「……ああ、あれか。多分、そうだろうな」 
AとTにそのことを話すと二人とも俺に感謝した。 
鳩抜きにしても、車を起動させたことに。 
その後、俺たちがあの廃工場に行くことはなかった。 

続く

 
672 : 自治スレでローカルルール他を議論中[sage] 投稿日:2010/10/18(月) 20:45:01 ID:ri7Mty6fO [10/16回(携帯)]

「埋められた鳩」8 

後日。 
もうずっと入院している先輩のお見舞いに行った。 
この人は今の親が医者で、 
血筋は魔術師の家系で、 
自分は錬金術師で、 
読むだけなら世界中の全ての言語が分かって、 
写真記憶が出来て、 
俺にピッキングの技術やツールをくれて、 
病気で高校を中退してて、 
とりあえず多芸な人だった。 
まあ自称が多かったけど。 
で、病室でこの話をしたらにやりと笑ったんだ。 
「違う。違うんだよ、それは。 
ここじゃなんだし、ちょっとついてきて」 
そういって、先輩はいきなり自分の腕から点滴の針を引き抜いた。 
「いいんですかそれ?」 
「あーいいのいいの。どうせ生理食塩水だし。 
点滴していたほうが病人らしいからね」 
そういって廊下を歩いていく先輩を追うと、先輩はナースステーションで看護師さんに声をかけた。 
「あれ、ある?」 
「はい、これ。……無理しちゃ駄目よ?」 
「分かってる分かってる」 
笑いながら、先輩は受けとったもののうちの一つを俺に投げて渡した。 
パンの耳だった。 
先輩は受けとったもう一つのもの、どこかの鍵をくるくると指で回しながらエレベーターに乗る。 
俺が乗ったことを確認すると、最上階のボタンを押した。



673 : 自治スレでローカルルール他を議論中[sage] 投稿日:2010/10/18(月) 20:47:07 ID:ri7Mty6fO [11/16回(携帯)]

「埋められた鳩」9 

「……そこって」 
「ホスピスだよ。 
向かっている場所はそこじゃないけどね」 
チン、という電子音とともにドアが開き、先輩と俺はエレベーターを降りた。 
すると、先輩は病室があるほうではなく、階段に向かって歩いていく。 
ついていくと、やがて鍵のかかったドアがあった。 
先輩は受けとった鍵でそれを開け、ドアをくぐる。 
あとに続いた俺は、予想通りの光景をみた。 
そこは、屋上だった。 
「今は使われていないけどね。それにやはり、病院の屋上は閉鎖される傾向が強いよ。 
ホスピスがあるような病院は特に、ね」 
「先輩はどうして入れるんですか?」 
「ああ、簡単なことなんだけど、下手に禁止にするより許可制にしたほうがいいって判断されたんだ。 
特例で、ね」 
そして、先輩が屋上の真ん中辺りに立つと、待っていたのかたくさんの鳩が一斉に飛んで来た。 
「ほら、それを渡して」 
「あ、はい」 
先輩はパンの耳を細かく千切りながら、鳩たちにあげていく。 
「いつもやっているんですか?」 
「隔週一回ぐらいかな」 
やがて、異様に高い屋上のフェンスに二人でもたれかかると、先輩は俺の胸ポケットから勝手に煙草の箱を取り出した。 
「駄目ですよ、病人が煙草なんか飲んじゃ」 
俺はそういって取り返そうとしたのだが、先輩は既に一本抜き取ってくわえてしまった。 
「火」 
「だから駄目ですって」



674 : 自治スレでローカルルール他を議論中[sage] 投稿日:2010/10/18(月) 20:49:14 ID:c4CkQu8Q0 [1/1回(PC)]
5は?



676 : 自治スレでローカルルール他を議論中[sage] 投稿日:2010/10/18(月) 21:17:25 ID:ri7Mty6fO [12/16回(携帯)]
番号振り間違えた。 

「埋められた鳩」10 

「……百年と五十年の差、二秒と一秒の差って、違うと思う?」 
「え?」 
突然先輩は、そんなことを言った。 
「どちらも半分にしただけなのに、多くの人がその本質から目を背けて、長い短いで判断する。 
無意味なことに気がつかない。人間は今この一瞬だけにしか生きていないのにね」 
いつの間にか、先輩は俺のライターを奪って、煙草を飲んでいた。 
「……もう、長くないらしい、この身体は」 
深々と煙を吸い込むと、先輩はそう言った。 
「医者はもって半年って言ってた。ようするに、余命は大体一年ぐらいかな」 
昔、先輩に聞いたことがあった。 
医者は余命を短めに宣告すると。理由は、考えるまでもない。 
「一年が半年になっても、生きている今が充実していることのほうが大事なんだよ」 
「……一本だけですよ」 
流石にそんな話をされては無理矢理やめさせることも出来ない。 
「さて、この研鑽された知識の蓄積が朽ち果てる前にその話を聞けてよかった。 
長くなるが、聞いてもらうぞ」 
鳩たちが食事を終え、飛び去っていくのを見上げながら、先輩は静かに話しはじめた。