957 : 1/3[sage] 投稿日:2010/10/23(土) 05:18:56 ID:xkic6XMv0 [1/4回(PC)]
自分の子供の頃の話なんだけど、何でか最近よく思い出して 
怖いというか不気味な感じがするんで、 
吐き出してスッキリするつもりで書きます。 

小学校の高学年になる位までの間、俺は 
「知障児一歩手前」認定されてた。 
とにかく言葉の覚えが遅い。 
かと思えば、自分が解ることに関してだけは 
嵐のように喋り始めて止まらない。 
大人になってから色々調べたけど、 
自閉症?アスペルガー?そんな感じだったのかも。 
今もIQテストとかしたら健常者より劣ってるのかも知れないけど、 
一応日常生活は送れてる。 

親が悩みに悩んだ末で普通学級に入学させてくれたけど、 
低学年の頃は友達なんて居なかったと思う。 
教室でも家に帰って来てからも、絵ばっか描いてたな。 
親がスーファミ買ってくれてから、更に引きこもりが悪化。 
学校は行ってたけど、学校⇔家でゲーム、の往復しかやってなかったと思う。 
親としては、テレビゲームは 
「友達を沢山家に呼んで、対戦格ゲーとかをワイワイやるもの」 
っていうイメージだったらしい。見事に期待を裏切ってしまった(笑) 

で、小学2、3年の時に、スーファミの「真・女神転生」をプレイし始めた。 
なんか、その頃は怖いものとかおどろおどろしいものに興味があったんだよな。 
でも、ぶっちゃけ内容が難しくて、あんまり理解できてなかった。 
とは言え3Dマップのゲームは珍しくて面白かったし、画面酔いもしたけど、 
天使だ悪魔だってはしゃぎながら没頭してた気がする。

 
958 : 2/3[sage] 投稿日:2010/10/23(土) 05:20:27 ID:xkic6XMv0 [2/4回(PC)]
で、そのメガテンの3Dマップなんだけど。 
いつもみたいにダンジョンをうろうろしてたら、 
画面の下の方、床のポリゴンの辺りのドット絵が変に乱れてたんだ。 
厳密に言うと、画面の下半分はステータスとか台詞のウィンドウだから、 
ステータス窓の上枠らへんに、黒いゴミみたいなドットがごちゃごちゃって混ざってた。 
最初はバグだと思って差込口に息フーフーしたりしたんだけど、直らなかった。 
テレビも古かったし、ステータスが読めないとかは無かったから、 
諦めて放置することにした。 

なんだけど、ダンジョンを進んで、ストーリーを進めていくと、 
その黒いゴミドットがどんどん酷くなってった。 
で、キャラが移動するとごちゃごちゃっ、と動いたりする。 
そこで、あーこれも演出なんだなって思うことにした。 
ゴミみたいなドットも、よく見たらなんか脚とか触覚がついてて、 
どうやら床を虫が這っている演出のつもりらしい…?と辛うじて判断した。 
メガテンに限らず、スーファミのドット絵なんてほぼ想像で補完するしな。 
演出だと思うと、良い感じに気味悪く見えたんで、俺としては面白かった。 

でもさ、ボス倒して、ダンジョンが変わっても、虫ドットが消えないんだよな。 
「新宿崩壊後」とかなら何となく世界観も解るけど、 
銀座の街中に虫がウヨウヨしてるのなんて変だと思った。 
その時には何かはっきり「虫」っぽい絵に見えたんだけど、 
最初のゴミドットから何かが変わってたのかどうかは解らない。 
改めて、テレビが変なんじゃね?と思って、 
ブラウン管に目玉くっつけるみたいにしてよく見たんだけど、 
ちゃんと「そういうダンジョン」なような、 
ブラウン管の表面のガラスが汚れてるような… 
よく解らなかった。 
テレビの構造がよく解ってなかったから、 
「表面のガラス」と「ゲームが写ってる部分」の隙間に、 
本物の虫が入り込んでるんじゃ?なんて思った。 
そんな訳ないんだけどな。



959 : 3/3[sage] 投稿日:2010/10/23(土) 05:21:56 ID:xkic6XMv0 [3/4回(PC)]
ダンジョン進めても、虫ドットが増えてくばっか。 
怖いもの好きとは言っても、ガキだからちょっと嫌になってきてた。 
引きこもりだったから虫で遊んだりとかしなかったし、 
それにその「虫ドット」はゴキっぽい見た目だったから、 
気持ち悪いし、最後の方なんか虫が増え過ぎて、 
床一面がザワザワ動いてるみたいに見えたんで、怖かった。 

で、結局メガテンを一時放置することにしたんだよな。 
しばらく餓狼伝説とかやってた気がする。その間はテレビは普通だった。 
メガテンは気になってたけど、またあの虫ウヨウヨダンジョンを 
進むのかーと思ったら、正直びびってた。 
新しいゲームはどんどん出るし、メガテンはあんまり上手く 
攻略を進められてなかったから、暫く忘れてた。 

でも、とある日曜に、昼飯食べに台所に下りて行ったら、 
キッチンの鍋とかしまっておく白い棚に、 
ゴキが五匹も六匹も張り付いてて。 

ゴキっていうか、多分ゴキなんだけど、 
いっつも見る茶色っぽいやつじゃなくて、 
メガテンのあの虫ドットみたいな真っ黒いやつに見えた。 
しかもデカイ。 
ギャーってなって、昼飯の用意してる母親に半べそで 
「おかあさん、虫、虫いっぱいいる!」って叫んだんだけど、 
母親も虫が苦手なはずなのに、何でか反応薄くて。 
「んー?」とか「ちょっと待ってねー」みたいな返事しか無くって、 
もう俺パニック。



960 : 3/3+1分割間違えorz[sage] 投稿日:2010/10/23(土) 05:26:36 ID:xkic6XMv0 [4/4回(PC)]
で、そのうち母親が出来上がった焼きソバかなんかの皿持って 
こっちを向いたんだけど、その腕にもくっついて居た訳。黒くてデカイあれが。 
このスレに居る奴だったら見たことあるかも知れないけど、 
検索してはいけない「ヨロイモグラ」あんな感じ。 
母親の腕からワサワサ脚動かしながらエプロンに伝っていくのが見えて、 
「おかあさん、手についてる!お腹!エプロンとこ!」 
ってギャンギャン泣いたんだけど、母親はさ、「あぁ、虫ってこれね」 
とかさらっと言って、その黒い、大人の親指くらいデカイやつを 
普通に素手で、サッて払い除けて床に落としたんだよ。 

その反応があんまりにも普通だったから、俺益々怖くなっちゃって。 
「それの小さいのがテレビの中に居るの、見た」とか 
「多分テレビから出て来て、脱皮して育ったんだ」とか 
どんだけ俺が気持ち悪がってるかを泣きながら説明したんだけど、 
母親はいつも通り。特に構わず昼飯の準備を進めてる。 

…と、憶えてるのはここまで。長いのにオチとか無くてごめん。 
でも、俺としては 「メガテンの内容→事も無げな母親の反応」っていうのが 
はっきり関連して記憶に残ってて、特に母親が持ってた焼きソバの皿(焼きうどんかも笑)と、 
同じ手ではたき落とされた虫の光景が焼きついてて。 

まぁ、通信簿に 「お友達の気を引きたくて、大袈裟な話をしてしまうようです」 
とか書かれてた俺だから、自分の記憶もあんまり信用できない気はする。 
夢って言われたら終わりかも知れないけど、 
何日もかけてメガテン攻略して行く間にドットが虫に見えてきたこととか、 
暫く放置した間の時間経過の感じとか、他の普通の記憶と遜色ない。 
その体験とは関係なく、俺も高学年に上がるにつれて友達とかも出来るようになった。 

でも、そもそもメガテンの床のポリゴンに、そんな演出ないよな? 
「すぐにけせ」とか、ホラーな話題もあったメガテンだけど、 
俺にとっては未だに「ゴキ怖ぇ」、のイメージしかありません。長文失礼。