189 : 稲男 ◆W8nV3n4fZ. [sage] 投稿日:2010/10/18(月) 20:14:22 ID:NqCrBzBm0 [1/4回(PC)]
あれはいつのことだったか。 
俺は先輩に聞いた事がある。 
「先輩って怖い物とかあるんですか」 
俺が真っ先に思いつくのは幽霊だとか、お化けの類だ。 
あれこそ万人に怖がられている物ではないだろうか。 
しかし、この人はきっと違う。 
何故ならその類の物でも、ぶん殴ることが出来るからだ。 
倒せるのなら、怖くは無いんじゃないか。 
そう思って、聞いてみたのだった。 
「あるよ」 
先輩と俺は歩きながら話した。 
「俺は、そうだな。ヨーコが怖い」 
まじめな顔をして答えてくれたので、まじめな答えが聞けると思ったら、そんなもんだった。 
「いやいや、そういうのいいです。もっと、こう、真剣に」 
えー、とぶー垂れて、先輩は顎に手をやって少し考える。 
「・・・・・・向日葵が怖い」 
返ってきた答えは意外な物だった。 
「え、向日葵って、あの、花ですか。夏の」 
頷く先輩。 
「どっちかというと、怖いとかじゃなくて、元気な感じしますけどね。綺麗っていうか、可愛いっていうか」 
先輩がにやりと笑う。 
いつもの笑顔だ。 
「あの花、漢字で何て書くか知ってるか」 
俺は考える。 
いや、考えるまでも無く知っているのだが、一応。 
「向うに、太陽の日に、葵ですよね。どうかしたんですか」 
「由来は知ってるか」 
今度も考える。 
わざわざ聞くってことは、一般的な意味じゃないのかもしれない。 
俺は恐る恐る答えてみた。

 
190 : 稲男 ◆W8nV3n4fZ. [sage] 投稿日:2010/10/18(月) 20:17:37 ID:NqCrBzBm0 [2/4回(PC)]
「え、と。向日葵は、太陽の方に花を向けるんじゃなかったですか。太陽を追いかけて、こう、ぐぐっと」 
少し間があったので、どきどきしていたのだが。 
「そう、その通りだ」 
拍子抜けだった。 
「・・・・・・で、それが、どうかしたんですか」 
「そうだな、向日葵は太陽を追う。光を追う。光を追うのは、何だ」 
今度はちょっとわからない。 
俺はイメージしてみる。 
大きな光に、集まってくるものといえば・・・・・・。 
「あ、虫、とかでしょうか。夜、電灯とか自販機とかに群がってますよね」 
先輩はまた頷く。 
「うん、それはそうだ。他は?」 
他、他・・・・・・。 
あまりイメージ出来ない。 
「光を追う、と言ったからわからないのかも。言い方を変えよう。光を求める物は何だ」 
あ、これならわかる。 
先輩が俺に何を言わせたいのか。 
「人間、ですか」 
「そうだ」 
人間は、その大小に関わらず光を求める。 
それは物理的な光に限らず、精神的な、所謂希望という物でもある。 
「向日葵の花は、その性質を持っている。何故だ」 
また、イメージする。 
人間と向日葵の共通点。 
光を追うこと、光に向うこと。 
「あの花には、一本残らず幽霊が憑いているんだ。一度向日葵畑に行ってみろ。お前の感覚が尖っていたら、見えるかも知れん」



191 : 稲男 ◆W8nV3n4fZ. [sage] 投稿日:2010/10/18(月) 20:20:07 ID:NqCrBzBm0 [3/4回(PC)]
背筋に寒気が走った。 
背の高い向日葵の下で、うつむいてしゃがみこむ幽霊。 
それが一本じゃなく、一面を覆う程たくさんある。 
向日葵と、それと同じ数の、老若男女様々な幽霊が。 
「太陽は最大級の光だ。そして向日葵は、太陽に似ている。あいつらのぼけた目には、同じに見えるんだ。近付いていって、ようやくわかる。この太陽が偽者だと」 
救いを求めた先が紛い物だった時の落胆。 
「そして、あいつらは今度こそ本物を見つけるんだ。そっちに顔を向けると、憑いている向日葵もそっちを向く。だから、日に向う葵なんだ」 
考えた事も無かった。 
生命体として、そういう仕組みだと思っていた。 
そこにそんな秘密があったなんて。 
「まあ、実際どちらが先かわからないんだけどな。向日葵が太陽を追っていたから憑いたのかもしれない。ただ、今はそうなってるんだ」 
俺は納得した。 
そんな花だったなんて。 
怖い花だ。 
その下に、救いを求める青い霊魂を座らせて、まるで太陽に近付こうとするように、高く伸びる。 
綺麗で活気に溢れているように思えた向日葵畑が、薄暗く妄執の溜まる鬼門のように思えた。 
「先輩は、それで向日葵が怖いんですね」



192 : 稲男 ◆W8nV3n4fZ. [sage] 投稿日:2010/10/18(月) 20:22:32 ID:NqCrBzBm0 [4/4回(PC)]
先輩はなんだか照れているようだった。 
「いや、違うんだ。実は」 
「昔見た、トリフィドの日・・・・・・人類SOSって映画がトラウマでな。見る度なんとなく思い出して怖いんだ。大きいからかな。わからんのだけど」 
先輩は決まり悪そうに言った。 
俺は笑った。 
先輩にも可愛い所があるじゃないか。 
「なんだよ、気分悪いな。俺だって怖いもんくらいあるさ」 
「す、すいません。でも、なんか意外で」 
ちぇ、と一つ舌打ちをして、先輩は足元の小石を蹴飛ばした。 
「まあ、本当に怖いのはそんなもんじゃない。本当に怖いのは」 

俺の中の、怪物だ。 

俺は、もう笑えなかった。 

先輩と向日葵 終