norikuradrone_TP_V
彼がまだ若かった頃というからずいぶん昔の話だ。まだペーペーだった彼は地質調査会社の仕事をしていた。こう呼ぶと格好良いが、 

「要は『山師』だぁね」 

ある時、山越えの道路が計画され峠にトンネルを掘る事となった。トンネルは一旦、ある沢で地上に顔を出し直ぐ次のトンネルに続く図面だった。彼はその建設会社の下見の先導を 
請け負ったのだが、何分狭い世界の事、その事は山師仲間内に知れ渡ってしまったらしい。 
幾日か後、さして親しくも無かった山師仲間の一人が深刻な顔で彼の自宅を訪れた。 

「あの沢だけはやめとけ」 

家人にそれだけ言い残すとプイッと去って行ったそうな。 
さりとて理由も無く受けた仕事を放り出すわけにもいかず、次の日、彼は山の持ち主の所に『仁義を切る』為に、建設会社の下見の技師と共に訪れた。幸いにも山の持ち主はいい人で快く山の下見を許してくれた。

連れの技師の話では、土地の買収交渉も順調に進んでいたらしい。持ち主に下見のルートを説明して件の沢の所まで来た時、持ち主の顔色がサッと変わった。

「ここには性質の良くねぇ奴がいる。やめときな」 

それっきり持ち主は黙ってしまった。何の「性質が良くない」のか尋ねてみたが、確たる答えは得られなかった。彼は仲間の事もあり気にはなったが訳の判らない理由で下見を中止する訳にもいかずその日はそれで引き上げた。 
数日後、天候に恵まれそうな日を選び、彼と技師は調査に出かけた。 
深い山ではないので日帰り予定、彼が先頭に立って藪を漕ぎ、後ろから技師が測量棒を杖代わりに付いてくる。なんせ、技師は「お客様」、粗末に扱う訳にもいかない。 

順調にトンネルの入り口予定地点の調査を終え第二地点、つまりトンネルの中継点となる 
件の沢に差し掛かる。もう沢が見え最後の藪を鉈で払おうと振り上げたその時、 

「鉈が蛇になった」 

見た訳ではないが覚えのある蛇を掴んだ感触、そしてその胴体が手の中でのたうつ。 
思わず手を離したが勢いのついた鉈は彼の足許にグサリと刺さった。靴の金具で止まっていていたので辛うじて怪我は免れた。

蛇などどこにも居なかった。

自分自身より動転している技師をなだめながら二人は沢に入り所定の調査をする。 
その間も、彼は手に残った蛇の感触が気味悪く調査は上の空だった。 
調査もそこそこに二人は沢を離れ最終地点であるトンネルの出口に向けて出発した。 
藪を漕ぎで二、三メートル進んだところで「ひゃっ!」という声と共にブンッと音を立てて 
測量棒が彼の頬を掠めて目の前の地面に突き刺さった。後ろを振り向くと技師が青い顔でつぶやいていた。 

「蛇が・・・・」 

彼は全てを理解した。 

数年後、その峠を自動車で通り過ぎたが、峠には一本の長いトンネルが作られていた。