389 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2011/08/18(木) 19:14:22.67 ID:EWxfwp/q0 [16/23回(PC)]
 そりゃもう無我夢中で、1分位走った時だろうか。 
 後ろを振り返ってみたら、男はいない。 
 誰も追って来ていない。 
 でも俺らの仲間も1人いない。 
 一番後ろを歩いていた奴、Kって言うんだが、そいつがいない。 

 
390 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2011/08/18(木) 19:21:22.96 ID:EWxfwp/q0 [17/23回(PC)]
 「ヤバい、Kがいない」と声を出すと、他の2人も足を止め、ゼーゼーいいながら後ろを振り返った。 
 「男に捕まったのか」という考えが頭をよぎった。 
 でもよくよく考えたら、こっちは複数だし、サバイバルナイフも持ってるし。。。 
 他の2人も同じ考えに至ったようだ。


 
391 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2011/08/18(木) 19:32:36.54 ID:EWxfwp/q0 [18/23回(PC)]
 「K!」と呼びながら、俺ら3人は来た方向へ戻った。 
 すると地面に人影が見えた。 
 2人がもつれあっている。 
 男がKの首を締め上げている。 
 格闘技は詳しくないが、スリーパーホールドってやつか。 
 2人とも顔が真っ赤だ。 



393 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2011/08/18(木) 19:37:15.92 ID:EWxfwp/q0 [19/23回(PC)]
 「やめろゴルァー」と叫びながら近づくと、Kの顔がヤケに赤いことに気付く。 
 窒息で赤いんじゃない、頭から出血してるのだ。 
 血を見て、みんな足がすくんじまった。 
 しかも男は、ものすごい形相をしてるし



395 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2011/08/18(木) 21:38:34.55 ID:EWxfwp/q0 [20/23回(PC)]
 そして俺ら3人は、また走って逃げちまったんだわ。 
 Kを置き去りにして。 
 情けないが、とても勝てる気がしなかった。 



396 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2011/08/18(木) 21:45:54.73 ID:EWxfwp/q0 [21/23回(PC)]
 一歩で迷子は大げさだが、5m進めば遊歩道は見えなくなる。 
 さらに10mも進めば、どこから来たのか分からなくなる。 
 まあ何の装備もなく入れば、文字通り自殺行為だね。 
 かと言って、ビニール紐なんか結びつけるなよ。 
 環境破壊になるからな。



397 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2011/08/18(木) 21:54:54.49 ID:EWxfwp/q0 [22/23回(PC)]
 運の良いことに、5分ほど逃げたところで、登山道に出れた。 
 そして車を置いた場所まで戻り、電話のあるところまで行こうとした。 
 当時、携帯電話なんて一般人は持ってなかったからな。 



398 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2011/08/18(木) 21:58:53.76 ID:EWxfwp/q0 [23/23回(PC)]
 が、車の鍵を持ってるのがKだったんだ。 
 そりゃそうだ、Kの車で来たんだから。 
 俺らは車に乗れず、パニクりながら、どうしよう、どうしようとばかり言っていた。 

 近くに人家や店なんかないし、たまに通りがかった車を止めようとしても、クラクションを鳴らされるだけ。 
 そりゃそうだわな、樹海の脇道で男3人が叫んでも、気持ち悪くて誰も止まってくれないわな。 

 

403 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2011/08/19(金) 06:30:29.94 ID:E96Z+SQB0 [2/19回(PC)]
 そうして右往左往して、30分ほどたった頃かな。 
 もうその頃には、自分の心の中では、Kのことは諦めてた。 
 たぶん他の2人も、同じ気持ちだったと思う。 
 自分は逃げれて良かったとか、Kの両親になんて説明しようとか、そんなことを考え始めた頃だった。