448 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/08/30(火) 14:14:16.48 ID:s8g1SJkRO [3/4回(携帯)] 
もう10年以上前の夏の話だが当時付き合ってた相手とベル宮に泊まった。 
結構疲れててすぐ寝たんだが、何度も同じ夢を見て目が覚める。 
夢の内容はシチュエーションは毎回違えど火事、大火で燃え盛っていて 
夢の中とは言え熱くて苦しくて堪らない。 
目が覚めるたび全身に汗をびっしょり掻いていて、クーラーが勢い良く稼働している音が 
しんとした室内に響いていたのを覚えている。 
明け方までそんな調子で、飛び起きる度にゴクゴク飲んでた冷蔵庫の中の 
水やジュースが切れた瞬間に、しんとした室内に何というかぶわあっとした「沢山の人の気配」みたいなモンが 
一気に充満した。「なんかヤバい」と感じ爆睡してたツレを 
起こして早々に立ち去った。 

後に高知大空襲の際、炎に追われた沢山の人が水を求めて鏡川に飛び込んだと 
知った時には鳥肌止まらなかったよ。 
俺の数少ないオカルト体験だな。