TAKI963_takibi_TP_V

272 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/02/14(火) 02:47:55.74 ID:jwqT90iW0 [1/12回(PC)]
昔ホームセンターでバイトしてた友達がいたんだけどさ、ヤバい話聞いた。 
解りやすいように友達をAってしとく。 
Aはオカルト好き(霊感なし)の奴なんでここ見るかもしれないけどw 
因みにA視点で。そっちの方が書きやすいし。 

Aの勤めてた所には仲のいいBって奴がいたんだ。 
そいつはノリのいい奴で少しアウトロー(かろうじてDQNではないが俺肝座ってるぜ系)でオカルト信じないタイプ。 
二人とも仲がいいもんだから、シフトが違ってもお互いが終わる時まで待ってよく遊びにいってたらしい。 
そんである日、Bを待ってたらやたら興奮しながらやってきた。 
何をそんなに興奮してんだよって聞くと、 
「怖いもん見た!」と言う。 
「今日客が練炭と火鉢とマッチ買って行ったんだよ、ヤベぇよ!死ぬ気だぜあいつ」 
Bは少し嬉しそうに言うもんだからAはかなり引いたそうだ。 
「いやお前w練炭は自殺用の道具じゃねぇよw」 
するとBはポケットからレシートを取り出し見せた。 
「いやいや見ろって、ガムテープも買ってるんだ」 
レシートには、練炭複数本、火鉢、マッチ、ライター、強い粘着性のガムテープが書いてあった。 

 
273 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/02/14(火) 03:02:17.82 ID:jwqT90iW0 [2/12回(PC)]
Aが見てもそれはヤバい物だと解った。 
Bは興奮しつつ煙草を吸いながら、その客が終始うつむいていた事、言葉を放さなかった事、色々な事をくっちゃベった。 
Aはうんざりしていたらしい。死ににいくかもしれない人物を好奇で見る事、捨てられたレシートを盗んできた無遠慮さ。 
Aはふっと、「そのレシートどうすんだ?」って聞いた。 
するとBは少し逡巡してから、「持って帰るわ、友達に見せてビビらせたる」と。 
Aは前述の通りオカルト好きだから、「おい、やめろ。ちゃんと捨てておけよ」って言ったらしいが、 
Bは聞く耳持たず、レシートを財布の中に入れてしまった。 
その後遊びに行って普通に帰ったそうだが。 
だけど、その日を境にBから、シフト変わってくれ、という電話が増えてきて、無断でのサボりも多くなってきた。 
それで店長からBに会いに行け、とAが言われたんでBの家に行った。



274 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/02/14(火) 03:15:34.92 ID:jwqT90iW0 [3/12回(PC)]
Bの家に行くと、「おう、久しぶり!」って明るくいつも通りだった。 
何故休んでるのか聞くとあっけらかんと、 
「いや、砂かけるようで悪い事してると思ってるけどな、ぶっちゃけ、飽きてきてん」 
あほかと思ったらしいが、変な奴なのは重々承知してたので、辞めるなら辞めるでちゃんと言えよ、と念を押していた。 
その最中のBは「うん、うん、わかった」と、返事をしていたが、Aはこいつ真面目に聞いてない、ってのが分かったそうだ。 
いつもそんな変な奴だったから違和感は感じてなかった。 
その後、しばらく雑談やレトロゲームで遊んだ後、Aはレシートを思い出した。 
「もしかしてあのレシート、まだ財布に入れてんのか?」 
あっけらかんとBは「あー、入れてる入れてる。少しの奴らには見せたけど、まだびびらせてぇw」 
Aもなんとなく好奇が湧いて、「あー、一回だけ見して」と言った。



275 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/02/14(火) 03:25:42.57 ID:jwqT90iW0 [4/12回(PC)]
Bはいいぜーと言って財布を渡しかけた後、急に動きが止まって、厳つい顔をしながら 
「盗むなよ」 
と言った。 
「取る訳ねぇだろ……」ぞくりと怖くなった。 
するとAはにたっと笑い「いいか、盗むなよ、金」 
「盗まねぇよw」「いーや、盗むねw」 
A曰く、そっからお互いの金談議になり、レシートの話は浮いて行って、そのままその日は帰った。 

そして数日後、Bは練炭自殺をした。



277 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/02/14(火) 03:42:59.02 ID:jwqT90iW0 [5/12回(PC)]
Aは葬式など、一通り済んだ後にあのレシートの恐怖に駆られて、遺品の財布を探らせてもらったという。カードを貸していたと嘘をついて。 
Bはレシートを財布にため込む男だから探すのに一手間かったそうだ。 
レシートを財布から出して、ざっと見た。ホームセンターのレシートは見なれてるから其れを目当てに。 
しかしそこにそのレシートは無かった。なんでだ? そう思いながらレシートを一枚一枚、悪趣味だがBの思い出にと見ながら閉まって行ったらしい。 
すると、あるレシートに目がとまった。 

練炭、火鉢、マッチ、ライター、強力ガムテープ 

うろ覚えだから正確かどうかはわからないが、それは前に見せられたレシートと、商品の種類、本数が同じだったらしい。 
そして、日付が最後に訪ねた日の午前だった。Aが見ようとした財布には、既にこのレシートが入っていたのだ。 

私はその話を聞いた時、まさかお前持ってたりしてるとかないよな、と聞いたら流石にBの財布に戻したとの事。 
Aの財布まで見せられました。 

終わりです。