AME579_kouzaanes79_TP_V

666 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/02/20(月) 00:03:49.06 ID:Fy2fSW7Y0 [1/8回(PC)]
オレが体験した話。 

友人Aがよく自分の部屋に遊びに来ていたのですが、その友人に 
しょっちゅう夜のドライブに誘われていました。 

いつもそいつとのドライブは楽しかったです。 
ある日、友人Aに「今日は○○の方面に行こう!」と誘われ、 
二人っきりで夜のドライブに行くことに。


667 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/02/20(月) 00:08:11.83 ID:Fy2fSW7Y0 [2/8回(PC)]
友人Aの車に乗り込みいざ出発。その日の行先は山というか峠を越え、ある集落方面へ。 
集落って言ってもまぁ、人が散開して住んでる感じ?の場所へ。 
個人的にはその集落方面に行くのは初めてでした。 

その集落は田舎なんで、ただ通り過ぎるだけ。 



668 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/02/20(月) 00:10:50.46 ID:Fy2fSW7Y0 [3/8回(PC)]
その集落からある漁民の住む集落につながる、ある県道の道の入り口につきました。 
その県道はアスファルト塗装されていなく、 
なんか土?の道路みたいな感じで、幅も車一台通れるぐらい、また街灯なんかないそんな道。 
峠道なので、坂を上ることに。その県道を上り始めた時から、急に霧がかってきました。



669 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/02/20(月) 00:14:32.17 ID:Fy2fSW7Y0 [4/8回(PC)]
その状況下、友人Aは運転に集中し始め、さっきまでにぎやか?だった車内は、浜崎あゆみの音楽のみ流れていました。 

途中、となりのトトロの中に出てきたようなバス停がありました。 

オレ「おい!こんな山道なのにバス停があるよ!!家なんてないのに(笑)」 
A「…」 
Aは運転に集中しているためか黙っていました。



671 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/02/20(月) 00:17:02.95 ID:Fy2fSW7Y0 [5/8回(PC)]
そのバス停を過ぎた後、廃屋と化した洋館がその道路沿いに何件か建っていました。 

オレ的には 
昔、あの洋館に人が住んでて、バス停が必要だったんだー 
なーんて一人で納得してたんですが。



672 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/02/20(月) 00:19:08.00 ID:Fy2fSW7Y0 [6/8回(PC)]
そんな感じで峠に差し掛かった時、新しくアスファルトに塗装された道に出ました。 
オレはアスファルトを見て一安心。 
また、さっきまで霧がかかっていたのに、急に霧が晴れました。 

そのアスファルトの道はT字路みたいな感じになっており、道路の案内板が立っていました。 
右は「○○」(帰り道方面) 
左は「○○町斎場」



673 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/02/20(月) 00:21:35.10 ID:Fy2fSW7Y0 [7/8回(PC)]
やっと知ってる名前(○○の名前)が出たw右折して帰ろうぜって思っていたら 
Aはなぜか左折しました。 
なんで斎場方面行くんだろ?って不思議に思い、Aにきいてみました。 
A「斎場ってなにするところなの?」 
オレ「…斎場って人の死体を燃やすとこだよ!!!」 
A「えっ!!!!」 


 
674 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/02/20(月) 00:23:39.53 ID:Fy2fSW7Y0 [8/8回(PC)]
AはすぐUターンして○○方面へ。 

その後、国道に出て、自分たちが住んでいる下宿先方面へ帰っていきました。 





その1年半後…