AME_yukishidaretuki_TP_V

681 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/07/16(月) 23:36:48.56 ID:tJNiq/co0 [1/4回(PC)]
某県の慰霊の森の話なんだけどね。 
俺の叔父がずいぶん前に行ってききたんですよ、慰霊の森。 
友達数人と連れ立って、慰霊碑を拝んで帰ろうってことになって、深夜の園内の階段を上ってた。 
そしたら、普段はそんなキャラじゃないS田がやたらとびびる。 
前を歩いてる友達に「ヤバイよ!ヤバイって…」としきりに主張し後ろを何度も振り返る。 
しかし叔父たちも肝試しのノリで来ていたのでそんな事を真に受けて「じゃぁかえろう」 
というものは誰も居なく、結局S田の意見は軽く受け流され一向は慰霊碑へ。 
そこで、ふざけた友人の内の一人(仮にF谷)がよせばいいものを慰霊碑の前で大きく柏手を打った。 
「なんだよwwなんにもおこんねえなwww」 
確かにF谷の言う通りだった。幽霊が出るどころか、深夜の慰霊の森は静まり返って風音一つしない。 
心霊スポットと言うからには何かしらあるのだろう。そう期待していた一行は半ば落胆しつつも、 
今来た道を引き返す事にした。


682 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/07/16(月) 23:38:05.33 ID:tJNiq/co0 [2/4回(PC)]
帰り道、残りもあと半分に届こうか、と言う所で突如S田が声を上げた。 
「ヤバイって!増えてる!走ろう!ヤバイ!」 
脅えたような表情で容量を得ないような事を言うS田を叔父たちは「ビビらせるためにふざけてんだろ」 
と半笑いで小突くが、S田はなおも必死の顔でヤバイ、走ろう、を繰り返す。 
S田「増えてるんだって!F谷の所為だって!」 
友A「何がだよwwおまえちょっとおちつけってwww」 
友B「おい、なんかS田やばくね?これってほんとになんか居るんじゃ…」 
S田「ああああ!アシ!アシ!もう俺帰る!」 
そう言って、ついに走り出そうとしたS田。 
だんだんと怖くなって来ていた叔父たちは、なんとかS田を引き止めS田に「何が見えているのか」と問い質した。 
S田「やべえよ…増えてるんだよ…最初は足だけだったのにどんどん繋がってんだよ… 
   そんでF谷があんな事するからなんか…見てたんだよ…絶対…そんでもうs 
   ああああああああ!!」 
S田は突然叫ぶと、ついに勢いよく走り出した。 
先ほどから恐怖心が募っていた叔父たちもそれに弾かれるように