PAK12_oshironoishigakitt1224_TP_V

去年、とある海外の縦走コースを友人とチャレンジしてきた 
そこは結構有名なトレッキングコースで、オンシーズンは有料、人数制限ありというコース 
おかげで、各所にある小屋(キャンプ場併設)に、何人くるのかが事前に分かるようになってる 
自分たちがスタートした日は、ある意味最悪のコンディションだったが、無事に小屋到着した 
が、夕方頃、小屋内が騒がしくなった 
曰く「今日到着予定の老夫婦がまだ小屋についていない。遭難したか、どこかで立ち往生している 
可能性がある」とのこと 
急きょ管理人とその場にいた男性数名が登山道を少し戻って、捜索したんだけども二人は見つからず 
でも、幸運なことに二人は無事で、翌日の早朝に小屋に辿りつくことが出来た 
「登山道のそばに、丁度二人が寝られる岩があったから、そこで一夜を過ごした」らしい 
そして、管理人さんが自分に教えてくれたこと 
「ここに来るまでには、あの老夫婦が言っていたような岩はないはずなんだ。私はもうこの 
管理人ボランティアを引き受けて何年にもなるが、登山道の傍で、大人二人が横になって 
休めるような岩なんて一度も見たことがないよ」 

山の神様が、老夫婦を助けたんだろうな、と今でも思ってる 
(ちなみに自分も以前、同じ国立公園でソロトレッキングしたときに助けられてるw)