SHI863_ononoku15043428_TP_V

その後ホラーブームがぶり返すこともなく、俺たちは6年生になった。 
ブームは収束したが全く怪談話をしなくなったわけではなく、 
俺のクラスは時折田所君の怪談を楽しんでいた。 
田所君の怪談を聞きに、他のクラスからもたまにやってきていた。 
大きな問題もなく、せいぜい放課後に教室を占拠するくらいで 
先生たちも大目に見てくれていた。 
そして小学生最後の夏休み明け。 
田所君は夏休みの終盤に体調を崩していたらしく、 
2学期が始まって1週間ぐらい休んでいた。 
「一人だけ夏休み延長してんじゃねーよ!」とみんなに言われ、 
弱々しく笑っていたのを覚えている。 
ともあれ、1週間お預けを食らっていた俺たちは、 
今日の放課後楽しみにしてるぜ、と口々に言った。 
いつものように放課後の教室に集まった俺たちは、 
夏休みの思い出を交えながら田所君の怪談を聞いた。 
その時の田所君の話は「蓋の話」。その内容は、以下のとおりだ。 

「ある小学生が、夏休みを利用して一人でおじいちゃんと 
おばあちゃんが住んでいる田舎に遊びにいった。 
田舎といっても寒村というわけではなく、それなりに栄えている町だ。 
小学生は、自由研究で神社やお寺を調べるつもりだったので、 
その町の神社などを回っていた」 

「町外れの小山の上に建っている神社に行ったとき、 
小学生はその裏手に何か妙なものがあるのを発見した。 
木でできた蓋だった。直径150センチくらいの円盤で、 
汚れ具合から見てずいぶん古いものだった。 
手にとって見てみると意外なほど重く、かなりしっかりしたものだった。 
厚さは10センチ近くあり、木の板を何枚も重ねて作ったもののようだった。 
表は木目が分かるほどだったが、裏は何故か真っ黒に爛れていた」

「小学生は、蓋があるならこの蓋をしていた穴か何かがあるのでは、と思い、 
周辺を散策した。しかし何も見つからず、 
諦めて帰ろうとしたときにふと思い立って神社の社の中を覗いてみた」 

「その発想は正解だったようで、社の中には同じような蓋が置いてあった。 
祭壇の上に飾られており、周囲を幾重にも注連縄が張られていた。 
何に蓋をしているのかどうしても気になった小学生は社の中に入り、 
祭られている蓋に近づいた」 

「しかし不思議なことに、蓋は祭壇に立てかけられているだけで 
『何かに蓋をしている』わけではなかった。 
余計に好奇心をくすぐられた小学生は注連縄をくぐり、蓋の裏手に回った。 
すると、薄暗い中分かりにくかったが、 
蓋とほぼ同じ大きさの金属の円盤が貼り付けられているのが分かった。 
この金属板もまたずいぶんと古いもののようで、酸化して真っ黒だった。 
銅か青銅のようだった」 

「小学生は、その金属板が何なのかとても気になったので、 
蓋をはずそうと試みた。しかし、蓋と金属板はぴったり張り付いているようで 
びくともしない。諦めた小学生は、せめて記録に取っておこうと思い、 
金属板の裏側を写真に撮り、持ってきていたスケッチブックに写生した」 

「その後、田舎から帰ってきて写真を現像に出したのだが、 
肝心の金属板の写真がない。どういうことか現像屋に問い詰めると、 
真っ黒の写真が何枚かあったそうだ。 
撮影の順番からソレが金属板を写したものだと分かった。 
小学生は無理に頼み込み、その真っ黒の写真も現像してもらった」

「それから、小学生は夢に悩まされるようになった。 
夢の中で彼は同じように金属板と蓋をはがそうとするのだが、 
どうしても開かない。爪が剥がれるのも構わずに躍起になるが、 
結局何もできずに夢から覚める。日を追うごとに小学生は、 
あの金属板が何なのか気になって気になって仕方なくなっていった」 

「その日も同じように蓋と格闘する夢を見るが、いつもと異なっていた。 
蓋が、少しだけずれたのだ。小学生は歓喜した。 
遂にこれが何か分かるときが来た、そう思っていっそう力を入れるが、 
その日はそれ以上動かなかった」 

「ところが、その日から夢を見るたびに少しずつ蓋が開いていった。 
小学生ははやる気持ちを隠そうとせずに、毎晩毎晩蓋と格闘した。 
夢から覚めても考えるのは蓋のことばかりで、 
夏休みの宿題も自由研究も放り出していた。起きているあいだすることは、 
真っ黒の写真を眺めるか、金属板の絵をひたすらスケッチすることだった」

「そして遂に、蓋がされていた金属板の表側が現れた。 
小学生は狂喜して思いっきり蓋を引いた。するとどうだろう、 
あれほどびくともしなかった蓋が、いとも簡単に外れた。 
小学生は、金属板の表側の全貌を見た」 

「それは、ただただ真っ黒の金属板だった。 
だが、まるで吸い込まれそうな黒だ。 
小学生は、金属の表面に触れようとして手を伸ばした。 
その時、彼の耳に何かが聞こえてきた。それはとても小さな声で、 
ひたすら何かを呟いていた。どうやら金属板から聞こえてくるようで、 
小学生はなんといっているのか確かめようと耳をつけた」