PP_harunoarupusu_TP_V

「何か」を見た話 
今からもう10年前・・・になっちゃった 
当時、まだキチンと就職していた、小さな障害者の施設で指導員をしていた 
少人数なので、一から十まで何でもやらされた 
日曜日返上で、一人で遠足の下見に行った時の事 

隣県との境にある山のハイキングコース、 
コンクリートで出来た、丸太を半分に切った形のベンチで休憩し、 
ペットボトルのお茶を飲みながら休憩していた 
「タシ!タシ!タシ!」と軽快な足音をさせ、「へっ!へっ!へっ!」と 
進行方向から、犬がやってくる、1m弱の柴犬位の大きさ・・・ 
この山は、捨てられたり逃げ出したりしたペットの犬が、大きな群れを作り 
問題になっている、という都市伝説みたいな「野犬」の噂があったが・・・ 

そんな凶暴な「野犬」だったら嫌だなぁと思いつつ、身を固くしてじっとソイツを見る 
向こうも俺に気付いて止まった 
よく見ると、ソイツは凄く「変なヤツ」だった、妙にひょろ長い 
TVのペット番組か何かで見た「ボルゾイ」とか言う犬みたいに四肢が細い 
ピコっと耳を立ててこちらを伺う、何だコレ?ウサギ? 
丸っきりウサギと言う訳じゃないが、何となく連想させられる

その訳はすぐ判った、コイツ目が横に付いている・・・ 
犬なら目は両方前向きに付いているが、コイツは耳を立て、顔を横に向けてじっと俺を見る、気持ち悪い・・・ 
色んな野犬同士で交配して、こんな畸形っぽいのが生まれたのだろうか? 
変な病気を持っていないだろうか?襲って来たらどうしようか? 
様々な思いがグルグル回って、身動きが取れなくなってしまった 

が、ソイツはすぐに、くるりと回れ右をして元来た方に歩きだした 
思わずベンチから立ち上がった俺にびっくりしたのか、そのままダッシュで走り去ってしまった 

その後、様々なサイトを巡ってみたが、そんな犬種に出逢える事も無く、 
当時は「変なブサイク犬」と思っていたが・・・ 
アレは本当に犬だったのだろうか?