SHIO151020084797_TP_V

大学時代、クラブハウスに「出る出る」って噂があった。 
別に見た奴もいないし、どこに何が出て~みたいに 
ちゃんとした(?)怪談があるわけでもないから、見事に誰も気にしてなかった。 
だから前夜祭で泊り込み解禁で喜んでオールすることにして、 
いろいろ持ち込んで皆べろべろで、八畳?位のスペースに十人ちょい。 
 
入りきれないのが廊下に散乱してる状態。 
俺はいつの間にか壁際で体育座りで寝てたから、明け方に目が覚めたんだよな。 
足がしびれたなと思ってさ。 

先に起きた友達が毛布掛けて回ってたから、手伝ったりゴミ集めたりしてたら、 
入り口のとこでドアに寄りかかって寝てた先輩が目を覚まして、 
「なんかカリカリ言ってんな…」 
とか寝ぼけた口調で言ってて、 
それでふとそっち見たら、入り口のドアに穴が開いてた。 
といっても貫通はしてなかったが。
 
入り口のドア、木枠にベニヤ板を二枚貼ったような造りで、中は空っぽの安物なんだよ。 
その手前側のベニヤ板が完全にズボッてへこんで穴あいちまってて、 
多分部屋の中の誰かが酔っ払って蹴ったんだと思った。 
やべぇと思って、それはいいんだけど、そん時先輩がまた 
「誰?ずっとカリカリ言ってんの。外?」みたいな事を言い出してさ。 

なんでも、寄りかかって寝てたら背中側からドアに爪を立てるような 
カリカリ、カリカリって音がずっとしてたらしい。 
で、俺と友達もドアに耳をつけて聞いてみたら、確かに何か、そんな音がしてるんだよ。 
誰が引っかいてるんだろう?って話になって、ドアを開けようとしたんだけど、 
五センチぐらい押したところで引っかかってそれ以上開かない。 
隙間から覗くとサークルメンバーが一人、超爆睡してる背中が見えて、 
そいつにもろにドアが当たってたから無理に押さずに閉めた。 

でも、それで変だなって話になった。

塞いでる奴は完全に沈没してるし、位置的にドアの前にもう一人いる筈が無いんだよ。 
じゃぁ誰がひっかいてんのって言う。 
それで友達が「こん中から音してんじゃね?w」て、 
ひょいっとドアに開いた穴を覗いたんだよな。さっきの誰かが蹴ったっぽいやつ。 
それが急にすごい勢いで後ろに引いて座り込んだから、何って顔見たら、 
「入ったんだよ」 
ってだけ言った。 

えぇ?と思ったけど、友達はそのままがくがくしながら 
部屋をつっきってベランダに出てった。 
何かただ事じゃない感じだったから俺もついてったら、 
ベランダの端っこでひざ抱えてて、 
吐きそうな感じで絶対に部屋にもどんないっていうからちょっと焦った。 
先輩もぼんやりした感じで出てきて二人で顔を見合わせて、 
でも友達の様子がかなり異常だったから俺も先輩もドアの穴覗けなくてさ。 
そのままみんなが起きて来るまで三人でベランダに座ってた。 

俺は、一応空調か何かの音が響いてたんだと思ってはいる。 
どっちかって言うと友達の様子が異常で怖かった。 
ドアの穴はいつの間にか誰かがガムテで紙貼って塞いである。