ZUBDSC_6618_TP_V

子供の頃の十五夜の日に、暗くなってから 
父親に「十五夜の月見にお供えするススキを採ってこい」と言われました。 

近所でススキが生えているのは、 
川に沿った道路(歩道もガードレールもない田舎町の幹線道路)の 
すぐ下の川岸の急斜面で、たくさん自生していました。 
しかし、その頃は今ほどの近代的なコンクリートの護岸工事など成されていなくて、 
とっても急で危険だったし、川の上の道路は随分車も通りますので、 
子供の自分は、そこへ降りてススキを採ってくるのを断念しました。 

そこで、場所を変えて、墓地のすぐそばの 
崖の急斜面の一番上にもススキが生えているので、 
そこで、墓場の方に背を向けてススキを素手で引っこ抜いていました。 

すると墓場の方から男の声で「馬鹿!」と声がしました。 
墓場の方を振り返り、辺りを見てみましたが、誰もいません。 

確かに聞こえたんですが、その時は構わずに引っこ抜くのを続けました。 
しかし、再度、墓場の中から「馬鹿!」と同じ声がしました。 

さすがに、これは空耳ではないし、尋常では無いと思い、足早にそこを去りました。 
が、ススキの束は、せっかく採ったので捨てずに持ち帰りました。 

でも、後で「そんな所から採ってくるな」と言われて 
自分が持って帰ったススキは使わずに 
また改めて別のススキをお供えしました。