XEN7615001_TP_V

あのころオレたちは、若さゆえのなんとやらで、寮のバカメンバーでつるんでは、心霊ツアーと称して、 
いろんないわくつきの場所に行ったものだった。 

そんなある日、広島のヤツがビデオカメラを中古で手に入れて、「これで幽霊撮りまくろうぜ!」と、 
いつもの心霊ツアーに、それを持って行くことになった。 
集合は夕方。学校の裏門前の駐車場にみんなが集まって、そこからカメラをまわし始めた。 

フルコースだった。廃トンネル・・・自殺者が出た滝・・・山奥の神社などなど。 
自分たちが行ったことのある心霊スポットに行っては、みんなでさわいでカメラに収まった。 
けっきょく、明け方近くに集合場所で解散したような気がする。

数日後、オレたちバカメンバーは、沖縄のヤツの部屋に集合し、ビデオを見ることとなった。 
みんなが、それぞれの心霊スポットではしゃいでいる姿が、テレビに流れた。 
「おいおい、なにも映ってへんがな!」「そんなことないさー、よくみるさーねw」 
「中古じゃけぇ、幽霊映らんのんかいのぉ・・・」「なんかオレたちバカやってんじゃんw」 
結局、心霊スポットでは何も映ってはおらず、場面は最後の解散場面となった。 
・・・あれ? 
オレは、なぜか沖縄のヤツを見たら、ヤツも固まっていた。 
「・・・おい、今のは・・・」「うん、そうかもしんない。」 
「おい!!巻き戻せ!!!!!!!!!!!」オレは叫んだ。 

最後にみんなを映して、おつかれさまでしたーなんて言ってる背後のガケに、 
斜め下にうつむいている女の生首が、こっちを見ていた。 

は?なにも映ってへんがな。なんか霊でもいるんか? 
その言葉こそ恐怖を感じた。なんと沖縄のヤツとオレ以外には、その生首が見えていないのだ。 

懸命に説得するオレたちをバカにするかのように、けっきょく彼らは帰っていった。 
そして、残された2人で話し合った。 
「これ、どうしよう・・・」「あ、妹の友達、霊感が強いから見てもらうさー!」 
そのビデオは、ヤツの妹経由で霊感少女のもとへ届けられた。 

後日、ヤツの妹から電話があった。 
その内容を要約すると、こんな感じだ。 
霊感少女がビデオを確認すると、やっぱり女の生首が映っていた。 
そして、その生首が、毎晩毎晩、霊感少女のもとへ現れる。 
ものすごく危険な霊だそうだ。 
もう絶対、心霊ツアーとか行かないように兄らにきつく言ってくれ!と、 
妹に忠告したそうだ。 

そのビデオは、ヤツの妹にたのんで、神社で処分してもらった。 
その霊の正体は、結局こわくて聞けなかった・・・・。 
その後、オレたちが心霊ツアーを止めたのは、言うまでもありません。