000YAMASHA601_TP_V

秋田のマタギたちの間に伝わる話に「サカブ」というのがある。 
サカブとは要するに“叫ぶ”の方言であるが、マタギたちがいう「サカブ」とは 
山の神の呼び声を指すという 

山の神は時たま、その神力を持ってマタギたちに「サカブ」ことがあるという 
秋田県は北秋田市に住む山田岩蔵という老マタギの表現によると、山の神の声は 
「細く堅い声で、遠い遠い処で響く鉦の音に」似るという。岩蔵マタギは人生で二回、 
この山の神の声を聞いたそうで、頭を強打して気が遠くなった時のような、耳鳴りのような、 
どちらかといえば振動、あるいはテレパシーのようなものであったそうである 

山の神の「サカブ」はだいたい吉祥であり、しかも集団で狩りをしていても全員には聞こえず、 
その狩猟組の頭領(スカリ)か、もしくは一、二を争って腕の立つ者にしか聞こえない 
東方より聞こえる「サカブ」が最も良く、その方向に進むと必ず獲物を授かったという 

あるとき、大平山奥地のイグス森という場所で、あるマタギがこの「サカブ」を聞いたという 
それから「サカブ」の示した方角に二里余り進むと、果たしてそこには今までに見たことがないような巨熊が居り、 
捕らえてみると七尺五寸を超える、ツキノワグマとしては規格外の大物であったという 

また不思議なことに、この「サカブ」はマタギだけでなく、留守を待つ村の者たちにも時折聞こえる 
そんなときは必ず猟の成果があった時であるので、そんなときはいち早くマタギ衆を迎える準備をするという 



山峡の人々に聞こえる不思議な神の声の話