Yamasha17511016_TP_V

自分はS県S市に住んでいます(ちょっと前まではS県F町だった) 
かなり山の中に家があって、最寄りのバス停まで徒歩1時間。 
しかも、バスは一日往復1回なので、帰りのバス逃すと帰って来れない 
最寄りのコンビニまでは自転車で2時間。スーパーまでは3時間。 
だから、トラックの売り子さんが週一回家の近所まできている 
もちろん、トイレはぼっとんだし、水は井戸。そんな田舎に住んでいる

小学校、中学校までは親に車で送迎してもらっていたが、高校にもなると 
自転車で通学するように親に言われた。 
一番近い高校に進学したが、それでも自転車で片道3時間半かかっていた。 
坂も地味にあるし、なにより地区には同級生などいなかったので 
毎日一人で登下校するのが本当に辛かった。 
しかし、その頃MDが発売され始めたこともあり、お年玉で買ってから 
少しだけ気が楽になった。 
なんせ、ほとんど舗装もされてないような道、昼間でも薄暗い林道を 
走るのはいくら地元でも何年かかってもなれなかったからだ。 
晴れの日はまだいいが、あめの日は地獄だった。 
カッパを着ていても木々から体にバチバチという音を立てて雨粒は落ちてくる。 
そんな高2の梅雨の時にそれは起こった

校内行事のリハーサルで学校を出たのが19時過ぎ。 
しかも梅雨ならではのぐずついた天気はいつ雨を降らせるかわからなかった・ 
イヤホンを耳にはめると、校門から一気に立ちこぎで走り始めた。 
徐々に民家は遠ざかり、次第に人気も減って、街灯もなくなり自転車のライトのみの 
明かりで林道を走る。 
ぽつぽつと雨は降り始めたが、小雨なのでカッパも着ずに走り続けた。 
2メートル先も見えない暗闇の中、自転車は下り坂ということもあり徐々に加速する。 
お気に入りのミュージシャンの歌声が更に自分の脚を早く回転させる。 
それとともに雨足も強まってきていた。