N853_usuguraiapa-tonorouka_TP_V
自宅はマンションで、私の部屋は廊下に面しています。なので人が通るとすぐに分かり、 
薄手のカーテン越しに人影がはっきり見えてしまいます。 
高校1年の時のことです。私は私室で夏休み前の定期考査に向けてテスト勉強をしていました。 
外は酷い雨で時間も2時半を過ぎたところでした。 
流石にもう寝よう、と思い始めた時です。 

トタン、トタン、トタン 
キャハハハハ... 

小さな子供の笑い声とスキップしているような軽快な足音が聞こえてきました。

マンションの端に1台だけあるエレベーター付近から聞こえてくるようだったので、 
同じ階に住む家族が何処かに出かけていて深夜に帰宅したのだと最初は思いました。 
しかし、妙なのは子供の笑い声と足音しか聞こえないこと。 
私は「親は諌めないのか?非常識な・・・」と思いつつも、素早く部屋の電気を消しました。 
今思い返すと、私は何故かその子供に起きていることを知られたくなかったようで、声から逃れるように 
ベッドに潜り込んだのです。

トタントタントタン! 
キャッキャッ! 

声はどんどん私の住む部屋まで近づいてきました。 
そこで私はふと思いました。 
何故子供の声と足音だけなのだろう?何故親の声も何も聞こえないのだろう? 
私はただひたすら目を瞑り、子供が通りすぎるのを待ちます。

あと少しで通り過ぎる! 
そう期待し、ドキドキしながら声が通り過ぎようとしたその時。 
ピタリと私の部屋の窓の前で声と足音が止まりました。 

・・・・・・。 

嫌な静寂が部屋を支配します。

窓の向こうにさっきの声の主がいる・・・。10cmほど開いた窓の方からは絡みつくような視線のようなものを感じました。 
私は恐怖と好奇心からか、起き上がって窓の外を見たいと思ってきましたが、体が動きません。 
足を窓の方向に向けて寝ていたので、起き上がれば自然と窓が正面に来るのですが、やはり体は石のように動きません。 
だんだん、冷静になってきた私は「今起き上がって窓を見たら終わりだ!寝ろ!!」と自身に訴えかけます。 
何時間そうしていたかは分かりませんが、気づけば朝日が差し起床時刻を迎えました。

朝だと気づいた私は飛び起き、母に昨夜のことを伝えました。 
しかし母は「・・・まぁ、この年頃にはよくあることやし忘れ。」と言うだけで信じてくれませんでした。 
あれ以来、霊体験はしていませんが個人的には洒落にならないくらい怖い出来事でした