GINZAPAS00754_TP_V

Mさんは大学時代の女の先輩である。 
びっくりしたが、東京に出張で来ると連絡して呑みにつきあって 
もらっていたので不思議はない。 
嬉しくなって「Mさん!」と声をかける。 
返事はない。 

それどころかMさんはそのまま歩いていく。 
聞こえなかったのかな?とMさん、Mさん!と追いかけて呼び 
止めた。

前に回って見た相手は、背丈、顔、・・・やはりMさんである。 
だが、目だけは・・・。 
「Mさん」とさらに面と向かって呼びかけても、相手は怪訝 
そうにこちらを見るばかり。 
その目は明らかに見ず知らずの、不審な相手を見るモノだっ 
た。 
思わず「・・・すいません、ヒトチガイでした」とその場 
をごまかした。 

どうしたんだろう、声をかけてはいけなかったんだろうか? 
釈然としないまま一日を過ごし、夕方に思い切ってMさんの 
携帯に電話してみた。

「お~K君、ひさしぶりやねw 元気にしとった?」 
いつものMさんが出た。 
今日新宿であったことを話すと、やはり彼女は四国に 
いて忙しく、東京には来ていないという。 
他人の空似というが、世の中にはあんなにもよく似た 
人がいるものだな・・・苦笑していると、 
そういえば・・・とMさん。 

「・・・そういえば、こないだこっちの近くの交差 
点でさ、そっくりな人がおってさ・・・びっく 
りしたわ」

Mさんは自分そっくりな人間を見たという。 
その”自分”は交差点の雑踏の中、ぼんやりした目で 
立ちつくしていたそうだ。 
もちろん自分は四国なんかに行ってはいない。 
Mさんは声をかけようとしたが、ふと、かけてはいけ 
ないような気がしてそのまま通り過ぎたという。 
あれはやはりMさんだった。 
大学時代に思い切って告白し、フラれた相手だ、その 
Mさんを間違えるはずがない・・・。