当時ある週刊誌が日本に存在するピラミッドなる 
ものを盛んに特集していた時期があった。 
天然のものだと思われていた山々のなかに、古代 
のピラミッド群が混じっているのでは・・・という 
話だったと記憶している。

当時父は広告代理店に勤めていたのだが、そのピラ 
ミッド・ムーブメントの火付け役である雑誌編集長 
を招いて、会社支部のセミナーにてスピーチを依頼 
したことがあった。 
スピーチの内容そのものについて、父がどのように 
語っていたか忘れてしまったが、その調査にはある 
超能力者が協力していたそうだ。 

確たる証拠が見つからなかったのか、このピラミッ 
ド騒動はその後すっかり鳴りをひそめてしまったが、 
当時の文化庁が少なからず興味を示していたようで 
ある。 

セミナーが終わり、主催責任者の父が編集長を交え 
て談笑していたところ、彼は、さっきの講演会で話 
さなかったことがあるのですが・・・と言った。 

どのような経緯でそうなったのか、 
件の超能力者が調査に関わる人間たちの前で 
自分の能力を披露することになったという。 

その場にいた複数の人間がテーブル上を注目するよ 
うに促され、全員が注視する中、彼が手をかざすと 

テーブルの上にフッと仏像が出た。 

超能力者がとくに怪しげな動きをしたようにも見え 
なかった。 
誰もそのテーブルの上から目を離さなかった。 

もちろん瞬きはあったかもしれないが、コンマ何秒 
ではたして仏像をテーブルの上におくことが出来る 
かどうか、である。 
どうみても、その仏像は唐突なくらいテーブルの上 
に現れたとしか言えないのだ。 

巧妙な手品か、いわゆる集団催眠ということかも知 
れない。 
それはそれで見事というしかない。 

しらない間にガスか何かを含まされて感覚がおぼろ 
げになった可能性もある。 
ありとあらゆることは考えられるが、では仏像その 
ものはどうだろう。 
成分を分析したところ、その仏像は何から出来て 
いるのかがまったく分からなかったという。 

仏像の高さは約20センチほどだったそうだ。 

驚いた父が何故その話をしてくれなかったのですか 
と聞くと、編集長曰く、 

「そんな話、誰が信じますか?私でさえ信じられな 
いのに。話したらピラミッドの話までウソ臭くなる 
じゃないですか」 

もちろんその仏像の件も不思議ではあるが、オカル 
トめいた話とは縁のないはずのサラリーマンである 
父がそのような世界を間近に接したという、その状 
況自体もなんだかとても不思議に感じられたように 
記憶している。