cyusonjimeIMGL1138_TP_V

小学校の裏に小さな山があって、そこには地元では有名な神社があり、学校の帰りにいつも友達とかくれんぼなどをして遊んた。

日が暮れてかくれんぼも終わり、友達と集まっていると、 
ふと神社のお賽銭の箱の隣あたりに 
古い女の子の和人形が置いてあることに気づいた。 
今考えたら供養か何か意味のある人形だと思う。 

友達と「こえーなぁ~」とか言いあっていたのだが、俺が友達に勇気を見せてやろうと、その人形に石をなげたのだが、 

なんと一球目が見事命中。こともあろうか、人形の顔面のど真ん中にあたり、カパッと 人形の顔面が外れ、人形の中にスポッと入ってしまった。 
人形は顔面が真っ黒(穴が開いてるため)になり尋常ではない雰囲気になってしまったので 

友達とみんなでうわーーーっ!!て叫びながら逃げ帰った。

家に帰ると、子供だからということもあり、すっかり忘れて、テレビを見て、夕飯を食べた。 
そのときにはすっかり、あの人形の事は忘れてしまっていた。 

夜も遅くなり、さて寝ようと布団に入った。俺の家は母子家庭だったため、母親と二人で隣同士で寝ていた。 

どれくらい過ぎたかわからないが、夜中に小さな小さな声で目が覚めた。 

「ねぇ・・ ねぇ・・ ねぇ・・」 

と隣の母親の声がする。母親は向こう側を向いて寝ているのだが、 
なにか俺に声をかけているのかと思い、 

「なに?」 

と言っても、 

「ねぇ・・ ねぇ・・ ねぇ・・」 

とこっちを向かずに、向こう側を向いている。

小さな声でささやくので、怖くなって、(怖いからシーンとしてるのを紛らわす為) 

「なに! お母さん!」 

といって肩を叩いた。 

母親が、ん・・・と、うなされるようにくるっとこっちを向くように寝返りをうった。 

あれ・寝てたんだ。 今の声は寝言なのかな。 
と思った瞬間、 

ガンッ!!!と、 

何かぶつかるようなものすごい音が母親の顔から聞こえ、 

ガコッ! 

と母親の顔が髪の毛とか輪郭はそのままで、まるで昼間の人形のように。 
顔の部分だけ丸くへっこみ、母親の顔が奥に落ちた。

母親の顔に穴があき、その穴から 

「これどうするの」 

という声がした。 

うああぁぁぁぁあっ!!! 

と、その瞬間、何も考えることなく気を失った。 

朝になると、普通にいつもの朝になっており、母親もおきて、朝ごはんを作っていた。 

あれは夢だったのか現実なのかわかりませんが、人形が怒って出てきたのかなと思ってます。 


人生で一回だけ自分が体験した怖い話でした。