iPhonexIMGL6606_TP_V

今となっては政治色が濃すぎて、本当にあったと信じてもらえないかも知れない話なのだが、 
自分の目の前で本当に起こった出来事だから、それが嘘だ本当だと言われても知ったこっちゃないのだが、 
少なくとも自分のネット上の知り合いだった日本人2人も、この日本でそれがあったことを知ってる。 
そんな話があるんだが、話してもいいだろうか? 
その知り合い二人は出会った場所が場所だけに、いま生きているかは分からないんですけどね。

今から10年前になるんだけど、自分は19歳フリーターで、 
ガソリンスタンドの夜勤バイトへ原付で向かう途中、 
ウィンカー無しで右折してきた軽自動車と正面衝突してフロントガラスに顔面強打しながらふっとばされて重傷を負ったんだ。 
大腿骨骨折で、2ヶ月半ほど入院して、右足の中には宇宙にいくという金属の棒を入れられて退院した。 
もちろんバイトはやめることになったし、右足の筋肉は牽引で全部無くなったし 
一年後には金属を抜く手術もあるしで、ニート街道まっしぐらだった。、

車にはねられた直後に思った「今死んだら誰にもお別れすらできないし、明日には居ないのか。」という恐怖を思い出すと、 
それ乗り越えたのが今の自分だとか思って、妙に活力が出た。 
実際には痛い痛いって喚いていただけで、救急隊や医者や看護師や家族に救って貰ったんだけど。 

で、活力はあるけど体は動かないし、インターネットばかりやっていた。 
ADSLが普及して、2chではFLASHとかが流行ってた頃だ。 
ニートながら怪我人なので、朝から居間のパソコンでネットをしながらワイドショー見てても何にも言われない。

テレビでの当時の話題は「自殺サイト」だった。 
今もあるかは知らないけど、自殺したいけど怖いという人が、集団で自殺をするために志願者を募るサイトだった。 

さっそく、自殺サイトとやらを調べてみると、色々と出てきた。 
色々と覗きながら一番書き込みが多い所に貼り付いてROMりだした。 
なんで自殺するのに仲間が必要なのかとか、此処の管理人はどうしてサイトまで作る手間をもって、 
自殺者を募って自由にやり取りさせたりするのかとかに興味が湧いた。

「○○県住みで車出せます。練炭で5人まで募集です。」 
そんな内容の書き込みがある。はっきり言って今から死のうという人間の心理は理解できないが、 
こんな事書くのは逆にコイツは殺人癖でもあるんじゃないか?という興味が湧いて、 
メールとか出して話を聞いたりした。主催の人間にメールすると、本当に自殺したいのかというような胡散臭い奴らばかりだった。 

更にはTV関係者と名乗る人物が現れて、自殺志願者にインタビューがしたいとか、 
そんな書き込みを始めた。そいつにも自分はメールを送った。 
プロだけど、自分と同じように興味があったようだった。管理人と連絡を取りたがっていた。

「此処に集まる人はグズばかりだな。生きるのか死ぬのかハッキリしろよ。」 
何人かと連絡を取り合ううちに、自分はそんな風に思って説教を始めた。 

自殺が否定されるべき事だとすると、死にたいと思っていないニートである自分は、 
かなり強気に発言することができた。胡散臭い主催者の揚げ足を取って、志願者に説教をくれた。 
新しい発言がある度に荒らしまわった。

今思うと、足が折れてニートやってて、 
次にどう生きていこうか不安でしょうがなかった自分にとって 
弱い者イジメをするには格好の連中だったんだなと思う。俺もクズだった。 
生きろ生きろの一方、グダグダ言わないで死ね、誰も助けやしないぞと、 
親の金で生活してネットしてる俺が偉そうに語っていた。 

俺は一人では無かった。 
そこで大暴れするうちに、2人の友人ができた。